試合結果

2011年5月22日 18:00

Inter
18' (2nd half) Nagatomo
3' (2nd half) Pazzini
15' Pazzini
Catania
21' (2nd half) Ledesma
主審 Nicola Pierpaoli / 副審 Alessandroni, Barbirati / 第4審判 Ruini
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ハビエル・サネッティ
7.51
7.51
マルコ・マテラッツィ
6.8
6.8
デヤン・スタンコヴィッチ
7.58
7.58
ワルテル・サムエル
8.45
8.45
クリスティアン・キヴ
7.08
7.08
ディエゴ・ミリート
7.01
7.01
チアーゴ・モッタ
6.64
6.64
ルシオ・フェレイラ
7.76
7.76
サミュエル・エトオ
7.63
7.63
ルーカ ・カステッラッツィ
7.36
7.36
アンドレア・ラノッキア
7.23
7.23
ジャンパオロ・パッツィーニ
8.85
8.85
ウシーヌ・カルジャ
7.31
7.31
長友・佑都
8.72
8.72
チーム<br>平均点7.57
6枠内シュート5
9枠外シュート1
6ファウル8
6CK7
2オフサイド2
60%ポゼッション40%
DA IMPLEMENTARE
勝(14)分(3)敗(0)

[ミラノ] インテルは2010-11シーズンの最終ゲームで3-1の勝利、有終の美を飾った。パッツィーニのドッピエッタ、長友のゴール、インテルは総勝ち点76でシーズンを終了した。

前半:ホームでのカターニア戦、ジュリオ・セザル、スナイデル、カンビアッソをケガで欠いたレオナルド監督は、ゴールマウスにカステッラツィを据え、DFラインはセンターコンビをラノッキアとルシオで構成、右に長友、左にキヴ、中盤はサネッティ、モッタ、スタンコヴィッチ、トップ下にカルジャ、2トップはエトオとパッツィーニという布陣で臨んだ。一方、マキシ・ロペスを欠いたカターニアは、攻撃をスチェロット、ベルヘッシオ、ゴメスの3人に託した。監督としてサン・シーロに戻ってきたシメオーネに大きな拍手が贈られた。最初のチャンスはインテル。8分、キヴのパスを受けたカルジャが強烈なミドルシュートが打つがクロスバーに嫌われた。その1分後、長友が右サイドを突破してエトオにクロスをフィード。こぼれたボールをカルジャが拾うが、アルバレスがクリア。15分、インテルに先制ゴールが生まれる。パッツィーニのインテルでの10本目のゴール。エリア周辺でのエトオとモッタのワンツー。モッタのヒールパスがカルジャの足に当たり、こぼれたボールをパッツィーニが右足でシュート。グラウンダーのシュートがファーサイドに決まったもの。27分、スタンコヴィッチの逆サイドからのロングパスをエトオがカーブで狙うがカンパニョーロが確実にキャッチ。その1分後、またしてもエトオがミドルシュートを打つが、クロスバーの上に外れる。1分のロスタイム後、インテルが1-0で前半をリードして終了。

後半:エトオが退き、ミリートが入る。ピッチに上がった“プリンシペ”が直ちに仕事をする。右サイドを抜け出て完璧なクロスをパッツィーニにフィード。パッツィーニはこれを右足で決めた。カターニアもやっと反撃の体制。10分、エリア周辺中央でボールを持ったベルヘッシオが振り向きざまにシュート。ボールは枠をとらえていたが、カステッラッツィがダイブして、これを防いだ。今シーズン最終戦は長友にもご褒美を与えた。18分、ルシオのパスを右サイドで受けた長友は、思い切り右足を振りぬいた。長友の完璧なゴール! 長友にとっては、インテルVsジェノア戦でのゴールに次ぐインテル入団以来2本目のゴールとなった。カターニアは21分に1点を返す。コーナーキックの流れの中からローディがクロスをフィード。これをフリーになっていたレデスマが右足のアウトサイドで蹴りこんだもの。だが、インテルのゲーム支配は続いた。23分には、長友のクロスに合わせてキヴがフリーでヘディング。ボールは枠をとらえていたが、相手GKが辛うじてダイビングセーブした。24分、マテラッツィがエリア内でテルリッツィに倒されPKかと思われたが、ピエルパオリ主審はファウルなしと判定。25分、サムエルが交代でピッチに上がった。スタジアム全体がサムエルをスタンディングオベーションで迎えた。その直後、“The Wall”に決定的なゴールチャンスが訪れる。カルジャのコーナーキックに合わせ、サムエルはニアに飛び込んだがわずかに届かず。そのボールがゴール前に流れたが、ミリートが合わせること出来ず、ゴールはならなかった。インテルはこの試合の勝利で総勝ち点76とし、2位でシーズンを終了した。インテルにとって残る目標はコッパ・イタリア優勝。決勝は5月29日、ローマの“スタディオ・オリンピコ”で行われる。

インテル対カターニア 3-1

得点者:前半15分、後半3分 パッツィーニ、後半18分 長友、後半21分レデスマ

インテル:12 カステッラッツィ、55 長友、15 ラノッキア(後半25分、25 サムエル)、6 ルシオ、26 キヴ、4 サネッティ、8 チアーゴ・モッタ、5 スタンコヴィッチ(後半11分、23 マテラッツィ)、14 カルジャ、7 パッツィーニ、9 エトオ(後半1分、22 ミリート)
控え選手:21 オルランドーニ、17 マリガ、27 パンデフ、28 コウチーニョ
監督:レオナルド

カターニア:30 カンパニョーロ、22 アルバレス、2 ポテンツァ、23 テルリッツィ、33 カプアーノ(後半10分、19 リッキウティ)、8 レデスマ、5 カルボーニ(後半10分、10 ローディ)、12 マルケーゼ、7 スチェロット、9 ベルヘッシオ、17 ゴメス
控え選手:1 コシツキ、13 イスコ、15 森本、18 アウグスティン、20 マルティーニョ
監督:ディエゴ・シメオーネ

主審:ニコーラ・ピエルパオリ(フィレンツェ)
ロスタイム:前半1分、後半2分
観衆:56,072名

先発メンバー

Castellazzi 12Campagnolo
Nagatomo 55Potenza
Ranocchia 15Carboni
Lucio 6Schelotto
Chivu 26Ledesma
Zanetti 4Bergessio
Motta 8Marchese
Stankovic 5Gomez
Kharja 14Alvarez
Pazzini 7Terlizzi
Eto'o 9Capuano

ベンチ

Orlandoni 21Kosicky
Mariga 17Lodi
Milito 22Izco
Materazzi 23Morimoto
Samuel 25Augustyn
Pandev 27Ricchiuti
Coutinho 29Martinho