試合結果

2011年9月11日 20:45

Palermo
43' (2nd half) Pinilla
41' (2nd half) Miccoli
9' (2nd half) Hernandez
3' (2nd half) Miccoli
Inter
46' (2nd half) Forlan
6' (2nd half) Milito (PK)
33' Milito
主審 Christian Brighi / 副審 Di Fiore, Padovan / 第4審判 Doveri
レポート
レポート
ハビエル・サネッティ
6.09
6.09
デヤン・スタンコヴィッチ
4.76
4.76
エステバン・カンビアッソ
4.52
4.52
ジュリオ・エスピンドラ
3.82
3.82
ワルテル・サムエル
5
5
ディエゴ・ミリート
6.68
6.68
ジョエル・チュクウマ・オビ
6.34
6.34
ルシオ・フェレイラ
4.62
4.62
ヴェスレイ・スナイデル
6.81
6.81
長友・佑都
4.25
4.25
リカルド・アルバレス
6.12
6.12
ジョナタン・モレイラ
5.29
5.29
ディエゴ・フォルラン
5.83
5.83
マウロ・サラテ
3.18
3.18
チーム<br>平均点5.24
9枠内シュート5
2枠外シュート11
10ファウル18
4CK7
3オフサイド2
49%ポゼッション51%
DA IMPLEMENTARE
勝(9)分(13)敗(6)

[パレルモ] ジャン・ピエロ・ガスペリーニ率いる2011-12シーズンのインテルは敗戦でのスタートとなった。“レンゾ・バルベーラ”スタジアムで行われた試合では、パレルモが4-3で勝利を手にした。先制ゴールを決めたのはインテル、スタンコヴィッチのパスをミリートが決めたもの。51分、パレルモはミッコリのシュートで追いつく。その直後、ミリートのシュートが明らかにミリアッチョの手に触れていたが、主審のブリーギをこれを流した。そこから生まれたコーナーキック、エリア内でシルヴェストレがサムエルの腕を引っ張りPK。これをミリートが決めてリードを奪ったが、ゲームはこのまま終わらなかった。54分にエルナンデスが同点弾。さらに、86分にミッコリがFKを直接決めて逆転、88分にはピニージャが追加点。ロスタイム1分にフォルランが1点を返して希望をつないだが、結局そのまま試合は終了した。

前半:新シーズン初戦となるパレルモ戦、ガスペリーニ監督はゴールマウスにジュリオ・セザル、DFラインにルシオ、サムエル、サネッティの3人、中盤はジョナタン、スタンコヴィッチ、カンビアッソ、長友で構成。前線は、フォルラン、サラテ、ミリートを据えた。キックオフから5分後、いきなりパレルモの決定的なチャンス。ミッコリが左からクロス、それにエルナンデスが頭で合わせたが、ジュリオ・セザルが完璧なタイミングでパンチングで防ぐ。12分にもジュリオ・セザルが好プレー。イリッチのファーへのクロスに見事反応して事なきを得た。14分にミッコリのFK、低いクロスをフィードしたが、ジュリオ・セザルを難なく処理。今シーズンがインテル17シーズン目となるサネッティは相変わらず、活発な動きでチーム引っ張っていた。20分、“カピターノ”がインテルを救うことになる。ミッコリからのパスで、中央でフリーになったエルナンデスとの1対1を制し、見事に相手ボールを奪った。そして、インテルに先制ゴールが生まれる。33分、右からのコーナーキックをニアサイドでフォルランが背後に流し、それをスタンコヴィッチがシュート。前にいたミリートがサイドキックでコースを変えてゴール。42分、正面からミッコリがシュート、サムエルが足を出してブロック、勢いの止まったボールをジュリオ・セザルがキャッチ。ロスタイム1分。

後半:パレルモはデッラ・ロッカを退けてアックアーをピッチに送った。そして、その交代が功を奏することになる。3分、アックアーからの縦パスにミッコリが反応、右足で同点弾を決めた。この際、このゴールの起点となった中盤でのプレーにファウルがあったと強く抗議したジュリオ・セザルにイエローカードが提示された。4分、スナイデルのパス、フォルラン折り返し、そして、ミリートのシュートは明らかにミリアッチョの手に触れていた。本来ならPKとなると同時にミリアッチョにレッドカードが提示されてもおかしくないケース。だが、主審ブリーギはファウルを取らず、そのままコーナーキックにした。そして、そのコーナーキック、ゴール前の競り合いでシルヴェストレがサムエルの腕を引っ張り、ブリーギはこのファウルを認めてPKを指示した。ミリートがこれを中央に蹴り込みインテルは再びリードを奪った。ただ、インテルの喜びは長くは続かなかった。8分、エルナンデス、イリッチ、ミッコリとつないだボールを、ミッコリが中でフリーになったエルナンデスにパス、これをエルナンデスが決めて同点。16分にはエリア周辺からのFK、ミッコリのシュートは足元をついたが、ジュリオ・セザルは辛うじてセーブ。20分にはジュリオ・セザルのミラクルセーブ。カウンターでフリーになったイリッチのシュートをセザルは足でセーブ、得点を許さなかった。さらに、その直後、エリア周辺でサムエルがエルナンデスを倒し、パレルモはサムエルの退場を要求するが主審はこれを認めず。エリア正面からのミッコリの強いフリーキックをセザルがパンチングで防ぐ。何度か危険なフリーキックを防いできたジュリオ・セザルだったが、41分、ついにミッコリのシュートを食らうことになる。シルヴェストレのオーバーラップをファウルで防いだことでのFK。ミッコリの右足のフリーキックを、セザルは右手で触れるのが精いっぱいだった。パレルモは逆転に成功。さらに、43分、左サイドからピニージャが中に切り込み右足での20メートルシュート。ジュリオ・セザルはシュートに反応できず、ただ見守るだけだった。ロスタイム1分、スナイデルの浮き球のパスをフォルランが左足で決めたが、すでに時遅し。開幕戦での逆転負けを喫した。


パレルモ対インテル 4-3

得点者:前半33分 ミリート、後半3分 ミッコリ、6分 ミリート(PK)、9分 エルナンデス、41分 ミッコリ、43分 ピニージャ、46分 フォルラン

パレルモ:33 ツォルヴァス;31 ピザーノ、3 シルベストレ、8 ミリアッチョ、42 バルザレッティ;90 アルバレス、5 バレート、7 デッラ・ロッカ(後半1分、20 アックアー)、72 イリチッチ(後半24分、14 ベルトロ);9 エルナンデス(後半29分、51 ピニージャ)、10 ミッコリ
控え選手:99 ベヌッシ、2 マントヴァーニ、4 チェット、16 ザハヴィ
監督:デヴィス・マンジャ

インテル:1 ジュリオ・セザル;6 ルシオ、25 サムエル、4 サネッティ;42 ジョナタン、5 スタンコヴィッチ、19 カンビアッソ(後半26分、11 アルバレス)、55 長友(後半17分、20 オビ);28 サラテ(前半34分、10 スナイデル)、22 ミリート、9 フォルラン
控え選手:21 オルランドーニ、7 パッツィーニ、23 ラノッキア、30 カスタイニョス
監督:ジャン・ピエロ・ガスペリーニ

主審:クリスティアン・ブリーギ(チェゼーナ)
警告:前半27分 サムエル、後半3分 ジュリオ・セザル、14分 サネッティ、16分 アックアー
ロスタイム:前半1分、後半4分

広報部 

先発メンバー

Tzorvas1 Julio Cesar
Pisano6 Lucio
Silvestre25 Samuel
Migliaccio4 Zanetti
Balzaretti42 Jonathan
Alvarez5 Stankovic
Barreto19 Cambiasso
Della Rocca55 Nagatomo
Ilicic28 Zarate
Hernandez22 Milito
Miccoli9 Forlan

ベンチ

Benussi21 Orlandoni
Mantovani7 Pazzini
Cetto10 Sneijder
Bertolo11 Alvarez
Zahavi20 Obi
Acquah23 Ranocchia
Pinilla30 Castaignos