試合結果

2011年9月17日 20:45

Inter
Roma
主審 Paolo Mazzoleni / 副審 Copelli, De Luca / 第4審判 Rizzoli
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ハビエル・サネッティ
5.39
5.39
エステバン・カンビアッソ
4.51
4.51
ジュリオ・エスピンドラ
6.22
6.22
ワルテル・サムエル
4.92
4.92
サリー・ムンタリ
3.51
3.51
ディエゴ・ミリート
4.41
4.41
ジョエル・チュクウマ・オビ
4.67
4.67
ルシオ・フェレイラ
4.77
4.77
ヴェスレイ・スナイデル
6.38
6.38
アンドレア・ラノッキア
5.29
5.29
長友・佑都
5.67
5.67
ジョナタン・モレイラ
4.37
4.37
ディエゴ・フォルラン
4.82
4.82
マウロ・サラテ
5.7
5.7
チーム<br>平均点 5.05
4 枠内シュート 3
8 枠外シュート 5
12 ファウル 15
5 CK 6
0 オフサイド 1
46% ポゼッション 54%
DA IMPLEMENTARE
勝(45) 分(26) 敗(15)

[ミラノ] “ジュゼッペ・メアッツァ”スタジアムで行われたセリエA・2011-12シーズン第3節、 インテル対ローマ戦は両チームが互いに譲らず、0-0のスコアレスドローに終わった。インテル、ローマともに決定的なチャンスがあったが、両側のGK、ジュリオ・セザルとロボンツ(負傷したステケレンブルグに代わって途中出場)が好セーブで失点を防いだ。それでも、後半、スナイデルと途中出場したサラテが何本かチャンスを掴んだが、ゴールには結びつかなかった。

前半:ガスペリーニ監督は3バックスに戻した。DFラインはルシオ、サムエル、ラノッキアで構成。中盤は中央にサネッティとカンビアッソ、左にオビ、右に長友、トップ下にスナイデル、前線はミリート、フォルランの2トップで臨んだ。キャプテンのサネッティはこの日、756試合目の出場、これはジュゼッペ・ベルゴミの記録に並ぶものである。サネッティは、“サネッティ&ベルゴミ 756回ネラッズーリ”と書かれたキャプテンマークを付けてプレーした。ちなみに、2人は一緒に134試合プレーしており、1998年にはUEFAカップを勝ち取っている。ローマはトッティのサポートにボリーニとオスバルドを据えた。キックオフ直後からローマが高い地点でプレスをかける。11分にローマにチャンス。オスバルドが左足で強烈なシュート。これはジュリオ・セザルが足で防ぐ。19分、またしてもローマにチャンス。右サイドでボリーニがラノッキアをかわして中央のトッティにクロス。だが、ルシオがその前でカット、事なきを得た。20分にフォルランがゴール右隅を狙うが、ケガで退場したステケレンブルグに代わって入ったロボンツが2度にわたってセーブ。その2分後、ミリートがエリア内に切り込み、シュート。ロボンツがそれを足で防ぐ。36分にインテルに絶好のチャンス。ミリート、フォルラン、スナイデルと繋いだボールを、長友が右足のインステップで強烈な15メートルの中距離シュートを打つが、惜しくもわずかに枠を外れる。45分、コーナーキックの流れ中で、トッティがデ・ロッシにパスを出そうとするが、ルシオがこれをヘッドで逃げる。1分間のロスタイム、0-0で前半が終了。

後半:ハーフタイムでの交代はなし。立ち上がりからローマが攻勢。インテルのパスミスを突いて、トッティからオスバルドにパス。オスバルドのシュートをセザルがタイミングよく飛び出して体で防いだ。さらに、エリア外からタッデイがシュートを放ったが、これは枠を大きく外れた。4分にインテルに絶好のチャンスが訪れた。フリーキックからのスナイデルの完璧なクロスにフリーになっていたミリートがヘッドで合わせるが、わずかに枠を外す。10分、エリア周辺でカンビアッソがピサーロにファウル。FKをピャニッチが蹴るが、枠を大きく外す。19分にはサラテの好プレーがあった。ミリートに代わって途中出場したサラテは、トッティを簡単にドリブルでかわした後、右サイドから中にカットインして左足でファーサイドを狙うが、わずかに枠を外した。22分にはフォルランからのパスをゴール正面で受けたスナイデルが強烈なシュートを打つがGKのロボンツがナイスセーブ。27分には、トッティのFKをジュリオ・セザルがタイミングよく飛び出してキャッチ。30分、フォルランが左足でファーポストを巻くようなシュートを打つが、わずかに外れる。41分、インテルに絶好機。ジョナタンからのパスを受けたサラテが右サイドを突破して低いクロスをフィード。スナイデルがゴール前9メートルの地点から左足でシュートを打ったが、ローマDF、ケアがゴールライン近くで辛うじてこれをブロック、インテルの得点はならず。インテルにとって本当に惜しいチャンスを逸する形となった。ロスタイムにも2つゴールチャンスがあった。左サイド深くにドリブルで持ち込んだ長友がファーサイドのジョナタンにクロスをフィード、だが、ブルディッソがスライディングで必死に足を出し、シュートをブロック、ローマの失点を防いだ。その1分後、スナイデルが正面突破を図り、右足でシュートを打ったが、ロボンツがこれをパンチングで防いだ。結局、4分間のロスタイムにもゴールは生まれず、0-0の引き分けに終わった。


インテル対ローマ 0-0

インテル:1 ジュリオ・セザル;6 ルシオ、25 サムエル、23 ラノッキア;55 長友、4 サネッティ、19 カンビアッソ、10 スナイデル、20 オビ(後半16分、42 ジョナタン);9 フォルラン(後半34分、77 ムンタリ)、22 ミリート(後半13分、28 サラテ)
控え選手:12 カステッラッツィ、44 ビアンケッティ、7 パッツィーニ、30 カスタイニョス
監督:ジャン・ピエロ・ガスペリーニ

ローマ:24 ステケレンブルグ(前半18分、1 ロボンツ);11 タッデイ、44 ケア、29 ブルディッソ、20 ペロッタ;16 デ・ロッシ、7 ピサーロ(後半14分、19 ガーゴ)、15 ピャニッチ;31 ボリーニ(後半33分、22 ボリエッロ)、10 トッティ、9 オスバルド
控え選手:5 エインセ、14 ボージャン、77 カッセッティ、87 ロージ
監督:ルイス・エンリケ

主審:パオロ・シルヴィオ・マッツォレーニ(ベルガモ)
警告
:前半16分 ルシオ、後半38分 ケア
ロスタイム:前半3分、後半4分
観客:
47,944人

広報部 

先発メンバー

Julio Cesar 1 Stekelenburg
Lucio 6 Taddei
Samuel 25 Kjaer
Ranocchia 23 Burdisso
Nagatomo 55 Perrotta
Zanetti 4 De Rossi
Cambiasso 19 Pizarro
Sneijder 10 Pjanic
Obi 20 Borini
Forlan 9 Totti
Milito 22 Osvaldo

ベンチ

Castellazzi 12 Lobont
Pazzini 7 Heinze
Zarate 28 Bojan
Castaignos 30 Gago
Jonathan 42 Borriello
Bianchetti 44 Cassetti
Muntari 77 Rosi