試合結果

2011年12月3日 20:45

Inter
Udinese
28' (2nd half) Isla
主審 Andrea Gervasoni / 副審 Maggiani, Manzaloni / 第4審判 Giannoccaro
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ハビエル・サネッティ
5.11
5.11
デヤン・スタンコヴィッチ
3.76
3.76
エステバン・カンビアッソ
4.22
4.22
ジュリオ・エスピンドラ
7.27
7.27
ワルテル・サムエル
5.23
5.23
クリスティアン・キヴ
4.07
4.07
ディエゴ・ミリート
3.56
3.56
チアーゴ・モッタ
4.44
4.44
アンドレア・ラノッキア
4.45
4.45
ジャンパオロ・パッツィーニ
3.52
3.52
長友・佑都
3.59
3.59
マルコ・ファラオーニ
6.49
6.49
リカルド・アルバレス
3.55
3.55
マウロ・サラテ
3.32
3.32
チーム<br>平均点 4.47
2 枠内シュート 5
11 枠外シュート 2
11 ファウル 12
6 CK 4
1 オフサイド 12
28:56 ポゼッション 21:54
DA IMPLEMENTARE
勝(25) 分(11) 敗(9)

[ミラノ] "ジュゼッペ・メアッツァ"スタジアムで行われたセリエA・2011ー12シーズン第14節のインテル対ウディネーゼ戦で、インテルは手痛い敗戦を喫した。ゲームを決めたのは後半28分のイスラのゴールだった。前半は両チーム得点なしで終わった。インテルサイドではミリートとモッタがチャンスを作り、ウディネーゼサイドではディ・ナターレが好機を演出したが、ゲーム自体はさほどの盛り上がりを見せなかった。だが、その分、興奮は試合終了間際の5分間に集中されたという感じ。ウディネーゼがPKをゲットし、ディ・ナターレが蹴ったが、ジュリオ・セザルがこれを止めてインテルの希望を繋いだ。その直後、今度はミリートがエリア内で倒されインテルがPKをゲット。パッツィーニがPKを蹴ったが、立ち足を滑らせ、ボールはクロスバーのはるか上に外れた。インテルはホームで0-1の敗戦を喫した。

前半:ラニエリ監督はメンバーを大幅に入れ替えてウディネーゼ戦に臨んだ。DFラインは、センターにラノッキアとサムエル、左サイドにはケガの癒えたキヴ、右サイドにはサネッティが入った。そして注目はMF陣。右サイドのワイドのポジションにファラオーニ(セリエA初先発)を起用、アルバレスはポジションを左サイドに移した。そして、2トップはパッツィーニとミリート、センターフォワードタイプの2人で2トップを構成した。一方、ウディネーゼはディ・ナターレの背後にトルジェを起用、フローロ・フローレスはベンチスタートに。スタートはインテルペース。高い地点でのプレッシングでゲームを支配したかのように思えたが、最初のビッグチャンスはウディネーゼに訪れた。6分、アルメロがエリア内でフリーになり、あわやと思わせたが、アルメロは足を滑らしインテルは事なきを得た。その1分後にはミリートがワンツーでの突破を試みたがシュートには至らず。12分にはエリア周辺でフリーになったトルジェが右足のシュートを試みるが、ジュリオ・セザルが確実にキャッチング。16分にはインテルの素晴らしいコンビネーションプレーが見られた。ミリートから外に開いたファラオーニにパス。そのパスをファラオーニがダイレクトで折り返し、エリア周辺でボール受けたミリートが左足でコントロールシュートを打つが、ボールは上に外れる。20分にはイスラを起点としたカウンターアタック。イスラの縦パスにディ・ナターレが抜け出たが、オフサイドとなる。その直後にディ・ナターレは再びオフサイド、同様に、ミリートもオフサイドにかかったが、これは明らかに、副審のミス。ミリートは完全にオンサイドだった。ディ・ナターレの最初のオフサイドもなかったように見える。副審の不安定なジャッジが気になるところ。29分、エリア周辺からのフリーキックをミリートが蹴るが、強くてカーブのかかったボールが、落ち切らず枠の上に外れた。30分にはミリートとのワンツーでチアーゴ・モッタが中央突破、シュート寸前にフェロネッティに寄せられ、シュートはハンダノヴィッチにキャッチされる。38分には、アルバレスからファラオーニにパス。それをエリア内のパッツィーニに折り返したが、前でフェロネッティにカットされる。こぼれたボールをサネッティが打つが、相手DFに当たる。一方、ウディネーゼはピンツィのパスにトルジェが反応したが、これもオフサイドと判定された。その1分後、サネッティがエリア周辺からのミドルシュートを試みるが、クロスバーの上に外れた。前半のロスタイムは2分間、前半は0-0で終わった。

後半:ラニエリ監督は後半の頭から、アルバレスに代えて長友を起用。長友は左サイドMFのポジションに就いた。7分、アサモアーのパスに抜け出たトルジェはエリア内でジュリオ・セザル、キヴと衝突。インテルの2人がピッチにしばし横たわったが大事には至らなかった。その2分後、アルメロのクロスにトルジェが合わせるが、セザルがこれを難なくキャッチ。10分には、今度は、サムエルのクロスにパッツィーニがヘッドで合わせるが、枠を捉えず。13分には左サイドを抜け出たディ・ナターレがシュートを打つが枠を外れた。さらに、その1分後、スローインからのボールをディ・ナターレがシュート。これが“ぶれ球”となり、ジュリオ・セザルは処理に戸惑った。一度ハンブルした後にボールをキャッチ、事なきを得た。この時間帯、ウディネーゼの攻撃は続く。15分にはディ・ナターレに決定的なパスが渡るところをサネッティがカットしてこの攻撃を防いだ。だが、ウディネーゼはさらに貪欲な攻撃を続ける。24分、右サイドを突破したイスラが中のディ・ナターレにクロスをフィード。ディ・ナターレは決定的なチャンスでキックミスを犯したが、その前にオフサイドがあったと判定される。26分にはインテルにフリーキックのチャンス。チアーゴ・モッタのシュートはわずかにバーの上に外れる。その1分後、背後からのパスを、ゴールを背にしたパッツィーニが、巧みに半転して相手DFのベネティアをかわしてシュートを打ったと見られたが、体を半転させた時にハンドがあったと判定される。そして、後半26分、ウディネーゼが先制点を奪う。インテルDFラインの背後に出たボールにディ・ナターレが反応。ディ・ナターレは右に走りこんできたフローロ・フローレスにパス。フローロ・フローレスはさらに右サイドに上がってきたイスラにパス。イスラはこれを右足のサイドで確実に決めた。先制点を奪われたインテルはミリートを中心に反撃を試みるが、ハンダノヴィッチの安定した守備に防がれる。一方、ウディネーゼは追加点を狙って攻撃を続ける。インテルは、38分にはイスラからのクロスで2回にわたってピンチに陥るが、最初のクロスはサネッティが、2本目のクロスはジュリオ・セザルが防いで事なきを得た。だが、41分、フローロ・フローレスのパスに反応したアサモアーの足を引っ掛けて倒したサネッティのプレーはファウルと見なされ、ウディネーゼにPKが与えられた。サネッティはこのプレーで2枚目のイエローカードをもらい、退場処分となった。ディ・ナターレのPKをジュリオ・セザルがセーブし、インテルは勝利への希望を繋いだ。そして、その2分後、今度はエリア内でシュートを打とうとしたミリートがフェロネッティに倒され、インテルがPKをゲット。誰もがインテルの同点ゴールを期待したが、パッツィーニはボールを蹴る瞬間に立ち足を滑らし、ボールは無情にもクロスバーのはるか上を飛んでいった。4分間のロスタイムの中、スタンコヴィッチが、ペナルティアークからダイレクトに打つ場面もあったが、浮き球に足を十分にかぶすことが出来ず、ボールはバーの上を越えていった。この結果、インテルのカンピオナートでの勝ち点は14にとどまった。


インテル対ウディネーゼ 0ー1
得点者:
後半28分 イスラ

インテル:1 ジュリオ・セザル;4 サネッティ、23 ラノッキア、25 サムエル、26 キヴ(後半35分、5 スタンコヴィッチ);37 ファラオーニ(後半17分、28 サラテ)、8 チアーゴ・モッタ、19 カンビアッソ、11 アルバレス(後半1分、55 長友);7 パッツィーニ、22 ミリート
控え選手:12 カステッラッツィ、2 コルドバ、18 ポーリ、30 カスタイニョス
監督:クラウディオ・ラニエリ

ウディネーゼ:1 ハンダノヴィッチ;17 ベナティア、5 ダニーロ、32 フェロネッティ;8 バスタ、3 イスラ、66 ピンツィ、20 アサモアー、27 アルメロ;25 トルジェ(後半17分、83 フロロ・フローレス);10 ディ・ナターレ(後半46分、24 エクストラン)
控え選手:21 パデッリ、7 バドゥ、26 パスクアーレ、30 ドゥバイ、31 ファッブリーニ
監督:フランチェスコ・グイドリン

主審:アンドレア・ジェルヴァゾーニ(マントヴァ)
警告:後半2分 サネッティ、18分 アルメロ、36分 チアーゴ・モッタ、39分 ピンツィ、40分 サネッティ、45分 フェロネッティ
退場:後半40分 サネッティ、45分 フェロネッティ
ロスタイム:前半2分、後半4分
観客:42,122人

広報部


先発メンバー

Julio Cesar 1 Handanovic
Zanetti 4 Benatia
Ranocchia 23 Danilo
Samuel 25 Ferronetti
Chivu 26 Basta
Faraoni 37 Isla
Motta 8 Pinzi
Cambiasso 19 Asamoah
Alvarez 11 Armero
Pazzini 7 Torje
Milito 22 Di Natale

ベンチ

Castellazzi 12 Padelli
Cordoba 2 Badu
Nagatomo 55 Ekstrand
Stankovic 5 Pasquale
Poli 18 Doubai
Zarate 28 Fabbrini
Castaignos 30 Floro Flores