試合結果

2012年12月15日 20:45

Lazio
37' (2nd half) Klose
Inter
主審 Paolo Mazzoleni / 副審 Di Liberatore, Giordano / 第4審判 Musolino / 追加審判 Banti, Damato
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ハビエル・サネッティ
4.99
4.99
エステバン・カンビアッソ
4.76
4.76
ワルテル・サムエル
5.09
5.09
ディエゴ・ミリート
4.22
4.22
フィリッペ・コウチーニョ
3.87
3.87
アンドレア・ラノッキア
5.63
5.63
長友・佑都
6.54
6.54
フレディ・バスケス
6.18
6.18
ロドリゴ・パラシオ
4.68
4.68
サミル・ハンダノヴィッチ
5.38
5.38
アントニオ・カッサーノ
5.22
5.22
ワルテル・ゲバラ
4.76
4.76
アルバロ・ペレイラ
4.62
4.62
チーム<br>平均点 5.07
3 枠内シュート 2
8 枠外シュート 7
18 ファウル 12
7 CK 6
1 オフサイド 1
53% ポゼッション 47%
DA IMPLEMENTARE
勝(20) 分(28) 敗(27)

[ローマ] “スタディオ・オリンピコ”でラツィオ戦に臨んだインテルは、クローゼにゴールを許して0−1の敗北を喫した。

前半は両チームにチャンスがあったものの、スコアレスドローで終了。後半のインテルは調子を上げていったがツキに恵まれず、 22分にグアリンが、26分にカッサーノが放ったシュートがいずれもポストに嫌われる場面があった。37分にはマウリからの縦パスに反応したクローゼがダイレクトシュートで決め、ラツィオが先制。クローゼの得点の直前には、インテルが数的有利でチャンスを迎えている中で、ミリートがビアーヴァにファウルを犯したとされる不可解なジャッジがあった。なお、45分にはラノッキアがラツィオエリア内でチャーニにユニフォームを引っぱられて倒されたが、マッツォレーニ主審は笛を吹かず。明らかにPKが与えられるべきファウルだったので、ピッチのネラッズーリとインテルベンチは大いに不服を示したが、試合は1−0のラツィオ勝利の結果で終了を迎えた。


ラツィオ対インテル 1−0
得点者:
後半37分 クローゼ

ラツィオ:22 マルケッティ;29 コンコ、20 ビアーヴァ、2 チャーニ、26 ラドゥ;19 ルリッチ(後半19分、87 カンドレーヴァ)、8 エルナネス(後半42分、3 ディアス)、24 レデスマ、15 ゴンサーレス、6 マウリ;11 クローゼ(後半41分、99 フロッカリ)
控え選手:1 ビッザーリ、84 カリーソ、21 ディアキテ、5 スカローニ、27 カナ、23 オナジ、32 ブロッキ、25 ロッヅィ
監督:ヴラディミル・ペトコヴィッチ

インテル:1 ハンダノヴィッチ;55 長友、23 ラノッキア、25 サムエル、31 ペレイラ(後半41分、7 コウチーニョ);4 サネッティ、21 ガルガーノ、19 カンビアッソ(後半14分、8 パラシオ);14 グアリン;22 ミリート、99 カッサーノ
控え選手:12 カステッラッツィ、27 ベレツ、6 シルベストレ、28 パーザ、33 エムバイェ、40 フアン・ジェズス、42 ジョナタン、17 マリガ、41 ダンカン、24 ベナッシ
監督:アンドレア・ストラマッチョーニ

主審:パオロ・シルヴィオ・マッツォレーニ(ベルガモ)
警告:前半45分 ガルガーノ、後半7分 サムエル、21分 コンコ、45分 カンドレーヴァ
ロスタイム:前半2分、後半4分

広報部

先発メンバー

Marchetti 1 Handanovic
Konko 55 Nagatomo
Biava 23 Ranocchia
Ciani 25 Samuel
Radu 31 Pereira
Lulic 4 Zanetti
Hernanes 21 Gargano
Ledesma 19 Cambiasso
Gonzalez 14 Guarin
Mauri 22 Milito
Klose 99 Cassano

ベンチ

Bizzarri 12 Castellazzi
Carrizo 27 Belec
Dias 6 Silvestre
Diakite 28 Pasa
Scaloni 33 Mbaye
Cana 40 Jesus
Candreva 42 Jonathan
Onazi 17 Mariga
Brocchi 41 Duncan
Floccari 24 Benassi
Rozzi 7 Coutinho
8 Palacio