試合結果

2015年2月15日 15:00

Atalanta
27' Moralez
Inter
28' (2nd half) Palacio
18' (2nd half) Guarin
37' Guarin
2' Shaqiri (PK)
主審 Luca Banti / 副審 Crispo, La Rocca / 第4審判 Stallone / 追加審判 Irrati, Pasqua
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ダヴィデ・サントン
7.15
7.15
アンドレア・ラノッキア
5.3
5.3
フアン・ジェズス
6.03
6.03
フレディ・バスケス
9.16
9.16
ロドリゴ・パラシオ
6.28
6.28
サミル・ハンダノヴィッチ
6.28
6.28
ズドラフコ・クズマノヴィッチ
5.85
5.85
マテオ・コヴァチッチ
6.32
6.32
ウーゴ・カンパニャーロ
6.17
6.17
アンデルソン・エルナネス
6.11
6.11
ガリー・メデル
7.34
7.34
5.52
5.52
7.45
7.45
マルセロ・ブロゾヴィッチ
7.37
7.37
チーム<br>平均点 6.59
2 枠内シュート 7
7 枠外シュート 11
9 ファウル 13
6 CK 9
7 オフサイド 0
29% ポゼッション 71%
勝(22) 分(20) 敗(15)

ベルガモ発-インテルがスタディオ・アトレッリ・アズーリ・ディッタリアにおいてアタランタに対し、先週に引き続き再び15日の昼に行われた試合で勝利を手に入れた。

グアリンがペナルティエリアで倒された貴重なPKでシャキリが何なくシュートを決め先制に成功。アタランタは上手く反応を見せ、モラレスが前半に1得点を決める。しかしグアリンが驚くべき活躍でペナルティエリアギリギリのところから放った強烈なシュートでハーフタイム直前にネッラズーリ待望の追加点が入る。

チーム・マンチーニはハーフタイム直後からさらに攻勢をかける。再びグアリンの活躍でさらに1得点を追加し試合を1-3とする。さらにネッラズーリは怒涛の攻撃を仕掛け、グアリンとパラシオのコンビがアタランタのゴールを襲い、グアリンからのパスに反応したパラシオがボールを沈めネッラズーリに4点目をもたらし、インテルに勝ち点3をもたらした。

ネッラズーリは時間を無駄にすることなく、相手に攻撃を仕掛ける。試合開始早々グアリンがペナルティエリアで倒されPKを獲得し、先制のチャンスを得る。PKにキッカーはシャキリ。ボールの前へと歩み、冷静にボールを沈めネッラズーリに得点をもたらした。このゴールでシャキリにとってセリエA発のゴールとなった。インテルにとってこの先制ゴールは今シーズンで最速の得点となった。

インテルにリードを奪われたアタランタは反撃に出る。アタランタはインテルに圧力をかけ試合の流れを変えようと試みる。そして前半18分には同点弾が入れられそうな試合の流れ。ザッパコスタがオフサイドトラップを仕掛けネッラズーリディフェンスに迫る。ザッパコスタがいったんボールを落ち着かせピニーリャへ。ピニーリャが放ったシュートはポストから数メートル離れたところに飛んでいく。

これでくじけることなくさらにアタランタの攻勢は続く。そして彼らの努力が10分後に実を結ぶことになる。ピニーリャが体を使いヘディングでマキシ・モラレスへとパスを回す。マキシ・モラレスはボールを非常に上手くコントロールしポストめがけシュートを放ち同点弾を沈めた。両チームとも互いに攻撃を仕掛け、リスクを掛けながら空いているスペースを利用しポストへと突き進む。

インテルはさらに攻撃の手を強める。前半終了8分前にグアリンが強烈なシュートを放ちネッラズーリに追加点をもたらす。ボールを掴んだグアリンがアタランタのディフェンスに迫り、カルモナの側を抜け、ミドルレンジから強烈なカーブシュートを放ちボールはポストへと吸い込まれる。これで試合は1-2となりインテルは逆転に成功。

ネッラズーリはさらに後半から追加点を入れるチャンスをうかがう。この時点でインテルのボールポゼッション率は67%、パス成功率は80%。

一方アタランタは試合開始早々にベナルアンが試合2枚目のイエロカードを受け退場するなど手痛い状況になる。数的有利に立ったネッラズーリはブロゾヴィッチ、メデル、グアリンの連携を可能にし、ネッラズーリがさらに試合をリードする展開が続く。

グアリンが驚くべき離れ業で後半57分にさらに攻撃を仕掛ける。グアリンが放ったクロスにパラシオが反応し、ボレーを放つもポストの側を抜ける。インテルはそれから3分後にチャンスが訪れる。再びグアリンが追加点を入れ相手にダメージを与えた。グアリンはボールをスペースへと寄せ、チャンスをうかがいながらシュートを放つ。ボールはGKスポルティエッロの側を抜けネットを揺らす。これで試合は1-3となる。

インテルは試合を完全にコントロールし、シャキリの左足から放たれたシュートは枠を完璧に捉えるもスポルティエッロがこれを抑える。73分にはパラシオが動く。グアリンからのパスに反応したパラシオが放ったシュートがポストをとらえインテルに4点目を献上する。

アタランタは不利な転嫁になっていることをインテルは理解しつつも、ネッラズーリはボールをそのまま時計の針が試合終了へと時を刻む間キープする。ネッラズーリはホームへ勝利と勝ち点3をもたらした。

 

※記事が上がり次第追記します

 

アタランタ 1-4 インテル
得点:27'モラレス / 3'シャキリ(pk), 37',63'グアリン, 72'パラシオ

インテル: 1 ハンダノヴィッチ; 14 カンパニャーロ, 23 ラノッキア, 5 ファン・ジェズス, 21 サントン; 13 グアリン, 18 メデル, 77 ブロゾヴィッチ(82'17 クズマノヴィッチ); 91 シャキリ(68'10 コヴァチッチ); 11 ポドルスキ, 8 パラシオ(76'88 エルナネス).
控え: 30 カリーソ, 46 ベルニ, 10 コヴァチッチ, 15 ヴィディッチ, 17 クズマノヴィッチ, 20 オビ, 22 ドド, 28 プスカス, 54 ドンコール, 88 エルナネス.
監督: ロベルト・マンチーニ.

アタランタ: 57 スポルティエッロ; 13 A.マシエロ, 2 ステンダルド, 29 ベナルアン, 6 ベッリーニ; 22 ザッパコスタ, 21 チガリーニ(75'28 エマヌエルソン), 17 カルモナ, 10 ゴメス(58'16 バセッリ); 11 モラレス(46'19 デニス); 51 ピニジャ.
控え: 1 アヴラモヴ, 3 デル・グロッソ, 5 スカローニ, 7 ダレッサンドロ, 8 ミリアッチョ, 9 ビアンキ, 16 バセッリ, 19 デニス, 20 ビアーヴァ, 28 エマヌエルソン, 95 グロッシ, 99 ボアキエ.
監督: ステファノ・コラントゥオーノ

警告;33'モラレス, 43'ピニジャ, 52'ベナルアン / 19'ファン・ジェズス, 33'シャキリ

退場:52'ベナルアン

主審: バンティ
副審: リスポ,ラ・ロッカ.
第4審判:スタローネ.
予備審判: イラッティ,パスカ.

先発メンバー

Sportiello 57 1 Handanovic
Masiello 13 14 Campagnaro
Stendardo 2 23 Ranocchia
Benalouane 29 5 Jesus
Bellini 6 21 Santon
Zappacosta 22 13 Guarin
Cigarini 21 18 Medel
Carmona 17 77 Brozovic
Gomez 10 91 Shaqiri
Moralez 11 11 Podolski
Pinilla 51 8 Palacio

ベンチ

Avramov 1 30 Carrizo
Del Grosso 3 46 Berni
Scaloni 5 10 Kovacic
D'Alessandro 7 15 Vidic
Migliaccio 8 17 Kuzmanovic
Bianchi 9 20 Obi
Baselli 16 22 Dodò
Denis 19 28 Puscas
Biava 20 54 Donkor
Emanuelson 28 88 Hernanes
Grassi 95
Boakye 99