試合結果

2016年9月25日 15:00

Inter
37' Perisic
Bologna
14' Destro
主審 Domenico Celi / 副審 Gianluca Cariolato, Stefano Alassio / 第4審判 Alessandro Lo Cicero / 追加審判 Piero Giacomelli, Francesco Paolo Saia
試合ハイライトを視聴する
レポート
レポート
ダヴィデ・サントン
5.63
5.63
採点
アンドレア・ラノッキア
5.96
5.96
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
5.49
5.49
採点
マウロ・イカルディ
5.47
5.47
採点
ガリー・メデル
5.7
5.7
採点
アサン・ニュクリ
7.23
7.23
採点
ジョフレイ・コンドグビア
3.11
3.11
採点
ジョアン・ミランダ
6.72
6.72
採点
イヴァン・ペリシッチ
7.5
7.5
採点
エデル・チタディン・マルティンス
4.75
4.75
採点
セナ・ミアンゲ
6.75
6.75
採点
エベル・バネガ
5.58
5.58
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
6.87
6.87
採点
ガブリエル・バルボーサ
5.69
5.69
採点
チーム<br>平均点5.89採点を 送信
6枠内シュート3
16枠外シュート5
12ファウル7
11CK4
3オフサイド0
61%ポゼッション39%
勝(43)分(23)敗(11)

 ミラノ – 25日(日)午後、サン・シーロでセリエA第6節のインテル vs. ボローニャ戦が行われた。14分、インテルはデストロに先制点を許したが、37分にペリシッチが左足で見事なボレーシュートをゴール右隅に叩き込んだ。その後インテルは、何度か決定的チャンスを迎えたが、ゴールを決めることが出来ず、ホームで勝点1を手にした。

 フランク・デ・ブール監督は急遽、試合直前にジェイソン・ムリージョとジョアン・マリオを怪我で欠くことになり、チーム再編成を強いられる。そのため同監督は、アンドレア・ラノッキアとセナ・ミアンゲを先発メンバーに選んだ。

 インテルは立ち上がりから、試合直前の先発メンバー変更を思わせない良いパフォーマンスを披露する。そして3分、いきなり最初のチャンスを演出する。エベル・バネガがFKを蹴ると、それにイカルディが頭で合わせる。しかし、ボールはゴールマウスの上に外れた。

 インテルは集中してプレーをしていたが、14分に先制点を奪われてしまう。シモーネ・ヴェルディが、自陣のエリア内でフリーになっていたデストロにパスを送る。同選手は、これを落ち着いてダイレクトでシュート。ボールはサミル・ハンダノヴィッチの足元を通り、ネットに吸い込まれた。

 しかしインテルは、慌てることなく同点ゴールを狙いにいく。するとペリシッチが、サイドから2度チャンスを作るが、ゴールとはならなかった。

 集中したボローニャの守備陣を前に苦戦を強いられていたが、37分、ペリシッチが一瞬の隙を突き同点ゴールを決める。カンドレーヴァが、右サイドから左ファーサイドに向けて斜めにロングボールを送る。そして、その先で待つペリシッチが左足一閃、ダイレクトボレーを突き刺し、スコアを振り出しに戻した。

 インテルは、前半の最後まで勝ち越しゴールを狙いにいく。しかし、ボローニャGKダ・コスタがイカルディのシュートとカンドレーヴァのボレーシュートを立て続けに防いだ。

 後半もインテルが試合を支配し、幾度となく得点チャンスを演出したが、相手守備陣のファインプレーや不運などにより、ネットを揺らすには至らず、フラストレーションが溜まる悪い試合展開が続く。

 しかし、ペリシッチは終始ボローニャゴールに迫っていた。70分、左サイドからドリブルを仕掛け、エリア内に侵入。シュートフェイントから切り返すが、ディフェンダーに対応される。同選手は一度、左サイドを駆け上がってきたミアンゲにパスを送り、ミアンゲがダイレクトでまたペリシッチにクロスを送る。ペリシッチは頭で上手く合わせたが、ボールは惜しくもゴールマウスの少し上に外れる。サン・シーロに集まったインテルファンは、席を立ち上がり悔しがった。

勝 利は、手が届く場所まで来ていた。フランク・デ・ブール監督はカンドレーヴァを下げ、今日がインテルデビューとなったガブリエル・バルボーサを投入。インテルは、高い位置からプレスを仕掛け続ける。すると、エデルが主将イカルディにクロスを送る。しかしこれはわずかに合わない。続けてペリシッチが左サイドから完璧なクロスを送り、イカルディがゴール前で足で合わせるだけだったかが、まさかの空振りで決定機を逃した。 

 そして、もう一度インテルにチャンスが訪れる。おそらく、この試合最大のチャンスだっただろう。試合終了直前、ペリシッチが右サイドからピンポイントクロスをゴール前に送る。そこには、相手マークを振り切ったアンドレア・ラノッキアがフリーでいた。しかし、同選手のヘディングシュートは、わずかにゴール右に外れた。

 そして、このペリシッチのシュートミスが最後のチャンスとなり、インテルはボローニャと勝点1を分け合った。

インテル 1-1 ボローニャ(前半1-1)

得点者:デストロ(10分)、ペリシッチ(37分)

インテル:1 ハンダノヴィッチ;21 サントン、25 ミランダ、13 ラノッキア、95 ミアンゲ;17 メデル、7 コンドクビア(ニョクリ 28分)、87 カンドレーヴァ(バルボーザ 74分)、19 バネガ(エデル 66分)、44 ペリシッチ;9 イカルディ
控え:33 カリーソ、5 メロ、8 パラシオ、10 ヨヴェティッチ、33 ダンブロージオ、15 アンサルディ、55 長友、94 ヤオ、
監督:フランク・デ・ブール

ボローニャ:1ダ・コスタ;4 クラフト(マシナ 80分)、28 ガスタルデッロ(オイコノモウ 64分)、20 マイエッタ、35 トロシディス; 31 ジェマイリ、16 ナギー(プルガー 53分)、8 タイデル;9 ヴェルディ、10 デストロ、11 クレイチ
控え:34 ラヴァグリア、97 サール、7 ムニエ、17 ドンサー、15 エムバイ、18 ヘランダー、22 リッツォ、24 フェッラリ、26 フロッカリ
監督:ロベルト・ドナドーニ

イエローカード:ガスタルデッロ(21分)、ダ・コスタ(33分)、ジェマイリ(41分)
アディショナルタイム:1+5

主審:  セリ
副審: カリオラト、アラッシオ
4審判: ロ・シセロ
追加審判:ジャコメッリ、サイア

先発メンバー

Handanovic 11 Da Costa
Santon 214 Krafth
Miranda 2528 Gastaldello
Ranocchia 1320 Maietta
Miangue 9535 Torosidis
Medel 178 Taider
Kondogbia 716 Nagy
Candreva 8731 Dzemaili
Banega 199 Verdi
Perisic 4410 Destro
Icardi 911 Krejci

ベンチ

Carrizo 3034 Ravaglia
Melo 597 Sarr
Palacio 82 Oikonomou
Jovetic 105 Pulgar
Ansaldi 157 Mounier
Eder 2315 Mbaye
Gnoukouri 2717 Donsah
D'Ambrosio 3318 Helander
Nagatomo 5522 Rizzo
Yao 9424 Ferrari
Barbosa 9625 Masina
26 Floccari

Choose the actiond and relive the game in every single detail.