試合結果

2017年4月9日 15:00

Crotone
23' Falcinelli
18' Falcinelli (PK)
Inter
20' (2nd half) D'Ambrosio
主審 Marco Guida / 副審 Marzaloni, Marrazzo / 第4審判 Carbone / 追加審判 Doveri, Nasca
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

ロドリゴ・パラシオ
3.31
3.31
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
3.76
3.76
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
2.58
2.58
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
4.48
4.48
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ガリー・メデル
2.86
2.86
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョフレイ・コンドグビア
2.87
2.87
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・ミランダ
3.6
3.6
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジェイソン・ムリージョ
2.49
2.49
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
2.84
2.84
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エデル・チタディン・マルティンス
3.87
3.87
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エベル・バネガ
3.18
3.18
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
クリスティアン・アンサルディ
2.92
2.92
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
2.81
2.81
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・マリオ
3.23
3.23
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 3.2 採点を 送信
6 枠内シュート 4
4 枠外シュート 9
15 ファウル 14
3 CK 7
4 オフサイド 2
27% ポゼッション 72%
勝(1) 分(0) 敗(1)

 クロトーネ発 - 前節ホームでサンプドリアに敗れたインテルはすぐに正しい軌道に戻るため、2016-17シーズン・セリエA 第31節クロトーネ戦に臨んだ。

 ステファノ・ピオリ監督は怪我をしたロベルト・ガリアルディーニの代わりにガリー・メデル、そしてCBのポジションにジェイソン・ムリージョを起用した。

 ホームのスタディオ。エツィオ・シダに訪れた大勢のファンの声援を後押しにクロトーネは試合開始から果敢にプレスをかけた。そして、そのプレスでジェフリー・コンドグビアがボールロスト。そしてボックス内に侵入したディエゴ・ファルチネッリをスライディングで止めようとしたガリー・メデルが手で止めてしまい、ホームチームにPKが与えられる。

 そして自ら得たPKをファルチネッリがゴール左隅に決めてクロトーネが先制。サミル・ハンダノヴィッチも正しい方向に飛んだが、ゴール左サイドネットに吸い込まれたボールを防ぐことが出来なかった。

 そして、クロトーネが数分後に追加点を奪う。センターライン中央付近でパスを受けたトロッタが左サイドを駆け上がって来たファルチネッリにスルーパスを通す。インテルDF陣の裏に抜け出したファルチネッリは前に出てきたハンダノヴィッチの上を越えるチップシュートを選択。そしてボールはゴールネットに吸い込まれた。

 前半中盤までに2ゴールを決められたインテルは統率がとれ、スペースを与えないようとするチーム相手にボールを保持していた。すると、クロトーネDFを背負いながら相手ボックス内でパスを受けたマウロ・イカルディのポストプレーからエベル・バネガがダイレクトシュートを放つが、ゴール上に外れる。さらにイヴァン・ペリシッチが右足から絶妙なクロスを送るがゴールまで誰も合わせることが出来なった。

 前半終盤、クロトーネ左SBマルテッラが裏に抜け出しハンダノヴィッチとの1対1の局面を迎えるが、ゴールに繋がらず。そして、41分にローデンがインテルゴール前でパスを受け左足でダイレクトシュート。だが、ゴールライン手前でミランダが胸で防ぎ、インテルは失点を免れた。

 ピオリ監督は後半開始からジェイソン・ムリージョとクリスティアン・アンサルディをベンチに下げ、エデルとロドリゴ・パラシオをピッチに送り込み、さらに攻撃的な布陣を組んだ。

 まず後半最初のチャンスを得たのはインテル。右サイドからアントニオ・カンドレーヴァがクロスを送り、一度クロトーネDFにクリアされるが、こぼれ球をイヴァン・ペリシッチがダイレクトシュート。だが、ボールはゴール左を通り過ぎた。続けて右CKからジェフリー・コンドグビアがフリーでヘディングシュートを放つが上手くヒットせず。

 そして、インテルが1点を取り返す。再び右CKからコンドグビアが空中戦に競り勝ち、ゴール前に流れたボールを走り込んで来たダニーロ・ダンブロージオがダイレクトで合わせた。

 インテルは攻撃の手を休めない。72分、インテル主将が相手ボックス手前でボールをキープし、サポートに近づいたエデルにパスを出す。そのボールを後半開始からピッチに入った背番号23が右足で強烈なシュートを放つが左のゴールポストを叩いたが、ゴールラインを越えなかった。

 すぎにエデルは再びチャンスを作る。インテル背番号23からパスを受けたパラシオが打ったシュートはコルダツがパンチングで防いだ。

 さらにピオリはコンドグビアをベンチに下げ、ジョアン・マリオを投入し同点ゴールを狙いに行った。だが、攻撃に重心を傾けていたインテルはホームチームの攻撃を受ける。途中出場のボアダウ・アコスティがカーブをかけたシュートを放つが、インテル守護神ハンダノヴィッチがパンチングで防ぐ。

 後半終盤、右サイドからパラシオが左足で鋭いクロスを送り、ゴール前にいたペリシッチが頭で合わせるがゴール左に外れる。後半ロスタイムは6分。そして、流れるような攻撃でクロトーネのゴール前に侵入したインテルはダンブロージオ、ミランダが立て続けにシュートを試みたがゴールマウスにボールを運ぶことが出来なかった。この試合のラストプレーでFKを得たインテルだったが、ジョアン・マリオが蹴ったボールは壁の下を抜けたがゴール枠に収まることはなかった。

 スタディオ・エツィオ・シダに試合終了の笛が鳴り響いた。インテルはこれでリーグ戦2連敗。そして今、全ての視線は15日(土)サン・シーロで行われるミラノ・ダービーに注がれている。

 

詳細は後ほどアップします。

クロトーネ 2-1インテル(前半2-0)
得点者:ファルチネッリ(18分+23分)、ダンブロージオ(65分)

クロトーネ: 1 コルダツ;22 ロジ、17 ケッケリーニ、13 フェラーリ、87 マルテッラ;6 ローデン(31 サンピリーシ67分)、18 バルベリス(28 カペッツィ75分)、8 クリゼティグ、12 ストイアン;29 トロッタ(27 アコスティ63分)、11 ファルチネッリ
控え: 5 フェスアタ、33 ヴィスコヴォ、3 ドス・サントス、9 ナニーニ、15 メスパ、20 コトニック、23 ドゥセーネ、42 スリッチ、99シミー
監督: ダヴィデ・ニコラ

インテル: 1 ハンダノヴィッチ;33 ダンブロージオ、24 ムリージョ(8 パラシオ46分)、25 ミランダ、15 アンサルディ(23 エデル46分);17 メデル、7 コンドグビア(6 ジョアン・マリオ81分);87 カンドレーヴァ、19 バネガ、44ぺリシッチ;9 イカルディ
控え: 30 カリーソ、2 アンドレオーリ、11 ビアビアニー、20 セインズベリー、21 サントン、55 長友、77 ブロゾヴィッチ、96 バルボーサ
監督: ステファノ・ピオリ

イエローカード:パラシオ(46分)、ケッケリーニ(46分)、バネガ(52分)、アコスティ(90分)、カペッツィ(90+8分)
アディショナルタイム:3+6分

主審:グイダ
副審:マルザローニ、マラッゾ
第4審判:カルボーネ
追加審判:ドヴェーリ、ナスカ

先発メンバー

Cordaz 1 1 Handanovic
Rosi 22 33 D'Ambrosio
Ceccherini 17 24 Murillo
Ferrari 13 25 Miranda
Martella 87 15 Ansaldi
Rohden 6 17 Medel
Barberis 18 7 Kondogbia
Crisetig 8 87 Candreva
Stoian 12 19 Banega
Trotta 29 44 Perisic
Falcinelli 11 9 Icardi

ベンチ

Festa 5 30 Carrizo
Viscovo 33 2 Andreolli
Claiton 3 6 Joao Mario
Nalini 9 8 Palacio
Mesbah 15 11 Biabiany
Kotnik 20 20 Sainsbury
Dussenne 23 21 Santon
Acosty 27 23 Eder
Capezzi 28 55 Nagatomo
Sampirisi 31 77 Brozovic
Suljic 42 96 Barbosa
Nwankwo 99

Choose the actiond and relive the game in every single detail.