試合結果

2017年11月5日 12:30

Inter
34' (2nd half) Eder
Torino
14' (2nd half) Iago Falque
主審 Daniele Orsato / 副審 Riccardo Di Fiore, Lorenzo Manganelli / 第4審判 Eugenio Abbattista / 追加審判 Paolo Tagliavento, Stefano Alassio
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

長友・佑都
5.61
5.61
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
5.51
5.51
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
5.06
5.06
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
5.17
5.17
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マルセロ・ブロゾヴィッチ
4.49
4.49
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・ミランダ
4.77
4.77
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
5.61
5.61
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エデル・チタディン・マルティンス
6.52
6.52
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
6.39
6.39
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ロベルト・ガリアルディーニ
5.28
5.28
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ミラン・シュクリニアル
7.26
7.26
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イグレシアス・ボルハ・バレロ
5.79
5.79
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マティアス・ベシーノ
6.61
6.61
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 5.7 採点を 送信
5 枠内シュート 3
9 枠外シュート 4
18 ファウル 12
8 CK 3
2 オフサイド 3
53% ポゼッション 47%
勝(42) 分(28) 敗(17)

 ミラノ発 - 11月5日(日)サン・シーロで行われた今季セリエA第12節トリノ戦に約71,000人が訪れた。しかしインテルにはタフな試合展開が待っていた。全体的に試合を通してチャンスを作り続けたネラッズーリだったが、ファルケに先制点を決められる(60分)。だが試合終了10分前に途中出場のエデルが同点弾を決めてインテルは1-1で同試合を終えた。

 キックオフから試合は拮抗した展開となり、両チームともに高い位置からプレスをかけ、互いにチャンスを作らせなかった。14分、サミル・ハンダノヴィッチに最初のピンチが訪れる。ボックス中央手前からダニエレ・バゼッリが左足で強烈なシュートを放ったが、同インテル守護神が好セーブをみせる。その後、インテルが立て続けに攻撃を仕掛ける。まずマティアス・ベシーノのクロスがそのまま相手ゴールに向かうが、GKシリグが阻止(18分)。その5分後には右サイドを抜け出したアントニオ・カンドレーヴァがマイナスのクロスを送り、マウロ・イカルディが右足でダイレクトボレーでゴールを狙ったが、上手くヒット出来ず。そしてロベルト・ガリアルディーニが放った強烈なミドルシュートはゴールバーの上に外れた(25分)。前半終盤になってもインテルは敵陣でプレーを続ける。ペリシッチのスルーをしたパスを受けたインテル主将がデ・シルヴェストリを外してシュートを放ったが、同DFのシュートブロックされて左CKに。そしてカンドレーヴァが蹴った左CKからミラン・シュクリニアルがヘディングシュート。しかしGKシリグがファインせーブでピンチを逃れた(38分)。前半終了直前にはクリスチャン・アンサルディのクロスからアンドレア・ベロッティがヘディングでインテルゴールを狙うが、僅かにゴールポスト右。何度もチャンスを作ったネラッズーリは無得点でファーストハーフを終えた。

 前半と同じメンバーで後半をスタートしたインテルはすぐに絶好機を作り出す。左サイドから長友佑都がクロスをあげ、ゴール前に走り込んで来たマティアス・ベシーノが頭で狙うがGKシリグは再びファインセーブでインテルにゴールを許さなかった。試合を支配していたインテルだったが、トリノに先制弾を許してしまう。右サイドからボックス中央手前付近に切り込んだファルケが得意の左足を振り抜く。ボールはゴール右隅に突き刺さり、さすがのハンダノヴィッチも防ぐことが出来なかった(59分)。62分にはダニーロ・ダンブロージオ、カンドレーヴァ、イカルディと流れるような攻撃をみせたがインテル背番号9のシュートは大きく枠を外れた。ルチアーノ・スパレッティは68分、先日インテルとの契約延長にサインをしたエデルを投入し、ネラッズーリがギアをさらに1段階上げる。エデルの交代直後の左CKからシュクリニアルが頭で同点弾を狙うが、ゴール右に外れる(69分)。さらにマルセロ・ブロゾヴィッチがピッチに入ると、流れは完璧にインテルへ。そして79分、インテル待望の同点弾が生まれる。左サイドからイヴァン・ペリシッチがゴール前にクロスを送り、イカルディが落ち着いて横にいたエデルへダイレクトパス。同イタリア人FWは落ち着いてボールをトリノゴールに蹴り込んだ。70,000人以上が訪れた今日のサン・シーロは熱狂に包まれ、試合を振り出しに戻したインテルの勢いは増した。試合終了7分前、ベシーノが弾丸ミドルシュートで勝ち越しを試みたが、ボールはゴールバーを叩いて、同ネラッズーリ選手は天を仰ぐ。後半アディショナルタイムは4分。しかし、スコアシートに新たな名前は記されず、試合終了の笛が鳴った。インテルは今季初めてホームマッチで勝点をとりこぼしたが、今季リーグ戦無敗を保っている。

インテル 1-1 トリノ(前半0-0)
得点者:
ファルケ(60分)、エデル(79分)

インテル:1 ハンダノヴィッチ;33 ダンブロージオ、37 シュクリニアル、25 ミランダ、55 長友(77 ブロゾヴィッチ 76分);11 ベシーノ、5 ガリアルディーニ(23 エデル 69分);87 カンドレーヴァ、20 ボルハ・バレロ、44 ペリシッチ;9 イカルディ
ベンチ:27 パデッリ、46 ベルニ、7 カンセロ、10 ジョアン・マリオ、13 ラノッキア、17 カラモウ、21 サントン、29 ダルベルト
監督:ルチアーノ・スパレッティ

トリノ:39 シリグ;29 デ・シルヴェストリ、33 ヌクル、13 ブルディッソ、15 アンサルディ;88 リンコン、22 オビ(6 アクア 73分)、8 バセッリ;14 ファルケ(11 ニアング 82分)、9 ベロッティ、10 リャイッチ(21 ベレングエル 89分)
ベンチ:1 イチャソ、32 サビッチ、3 モリナロ、5 ヴァルディフィオリ、16 グスタフソン、20 エデラ、24 モレッティ、31 ボジェ、97 リアンコ
監督:シニーニャ・ミハイロヴィッチ

イエローカード:ベシーノ、ブルディッソ、リンコン、シグリ、オビ、シュクリニアル、ブロゾヴィッチ、アクア
アディショナルタイム:1+4分

主審:オルサト
副審:ディ・フィオレ、マンガネッリ
第4審:アッバッティスタ
VAR:タリアヴェント、アラッシオ

先発メンバー

Handanovic 1 39 Sirigu
D'Ambrosio 33 29 De Silvestri
Skriniar 37 33 Nkoulou
Miranda 25 13 Burdisso
Nagatomo 55 15 Ansaldi
Gagliardini 5 8 Baselli
Vecino 11 88 Rincon
Candreva 87 22 Obi
Valero Iglesias 20 10 Ljajic
Perisic 44 9 Belotti
Icardi 9 14 Iago Falque

ベンチ

Padelli 27 1 Ichazo
Berni 46 32 Milinkovic-Savic
Cancelo 7 3 Molinaro
Joao Mario 10 5 Valdifiori
Ranocchia 13 6 Acquah
Karamoh 17 11 Niang
Santon 21 16 Gustafson
Eder 23 20 Edera
Dalbert 29 21 Berenguer
Brozovic 77 24 Moretti
31 Boye
97 Evangelista

Choose the actiond and relive the game in every single detail.