パン・ギムン氏がインテルに登場

 国際連合事務総長のパン・ギムン氏が、「国連の持続可能な開発目標(SDGs)」サポートのため、選手やインテルキャンパスの子供たちと共にレッドブル・アレーナに登場した。

 ニュージャージー発 - 水曜の夜、レッドブル・アレーナで行われた特別な一戦は、パン・ギムン氏によってキックオフの笛が鳴らされた。

 同国連事務総長は、インテル会長のエリック・トヒル、役員のスティーブン・シャンとレン・ジュン、そして国連のイタリア常駐副代表イニゴ・ランベルティーニからピッチ上で歓迎を受けた。

 エストゥディアンテスとのフレンドリーマッチでパン・ギムン氏のような著名人が登場したことにより、世界中のインテルキャンパスの子供たちによる社会的取り組みへの認知がさらに広がることにつながる。

 UNOSDP(国連開発と平和のためのスポーツ局)とUNDP(国連開発プログラム)は、長年にわたりインテルキャンパスと協力してきた多くの団体のうちの2つだ。

 インテルキャンパスUSAの子供たちもこの試合に参加し、キックオフ前に選手とともにピッチに入場。会場を一周して観客に挨拶する機会を得た。

 この子供たちは、スポーツ - 我々の場合はサッカーだが – が、人種差別撤廃、平和と発展、そして2030年までの「国連の持続可能な開発目標」の達成への寄与においてどのくらい効果的なツールになり得るのか、の具体的な例である。


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

読み込み中