アメリカ・インテル・キャンパスの特別な一週間

 ネラッズーリ(=インテルの愛称)の選手とトレーニングや国連の訪問が、ニューヨークの子供たちにとって忘れられない思い出となった。

 ニューヨーク発 – 先週の一週間は、アメリカのインテル・キャンパスに参加した子供たちの中にずっと生きていくことだろう。

 イタリア人コーチングスタッフが、ニューヨーク市マンハッタン区のインウッド地区を訪れたところからその一週間が始まった。そこの公園は、何年間もずっとインテル・キャンパスのホームグラウンドとなっている。訪問したコーチ陣が、ハードワークとエンジョイの両方が基盤とするインテル・キャンパスのメソッドに沿った朝の練習を行った。

 さらなるサプライズとなったのはその翌日だ。アンドレア・ラノッキア、クリスティアン・アンサルディ、アンドレア・ピナモンティ、ファビオ・デッラ・ジョヴァンナがトレーニングを訪問。選手たちは、インテルのユニフォームをプレゼントするために、練習場まで足を運んだのだ。子供たちのそのご家族、そしてもちろん選手たちにとっても楽しい一時となった。

 また木曜日は、子供たちにとって最も忘れられない日となった。子供たちが、エリック・トヒル会長、ハビエル・サネッティ副会長、そしてインテルのメンバー全員と一緒に国連本部を訪問したのだ。これは、国連の持続可能な17の開発目標の達成にスポーツが如何に重要なツールとなるかを強調する、一つの機会となった。


 English version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

読み込み中