勝点2を落とし、「落胆」するカンドレーヴァ

 「僕たちは珍しいミスをしてしまった。代表ウィーク後、すぐにまた調子を取り戻さなければならない」

 トリノ発 – 引き分けに終わった土曜日夜のトリノ戦後、アントニオ・カンドレーヴァは落胆を隠しきれなかった。

 イタリア代表ウィンガーのカンドレーヴァはトリノ戦後半、インテルに2ゴール目をもたらして2-2とした。しかし数多くのチャンスを演出したにもかかわらず、インテルは決定的な3ゴール目を挙げることはできなかった。

 試合終了のホイッスルが鳴った後、カンドレーヴァは「言い訳をしても仕方がない。落胆しているよ、僕たちは勝ち続けたかったからね。本当に恥ずべきことだ、あれほど多くリードするチャンスがあったら尚更だ」と悔やんだ。

 しかしカンドレーヴァは、この結果はインテルの自業自得だと認める。

 「試合直後に何が間違っていたか分析することは厳しいものだ。しかし僕たちは許すべきでない2ゴールを相手に与えてしまったのだから、改善の必要がある。僕たちは今日いくつか珍しいミスをし、このような結果になってしまった」

 「ショックだよ、僕たちは勝点3を獲得したかった。代表ウィーク後、すぐにまた調子を取り戻さなければならない」


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 
読み込み中