ピオリ「ポゼッションにおいて多くのミスを犯した」

 インテル監督は土曜日の引き分けに終わったトリノ戦について分析し「試合に勝利したかっただけに失望している。我々は集中力に欠け、相手に多くのボールを奪われていた。また、我々には決定力が欠けていた」とコメントした。

 トリノ発 – ステファノ・ピオリは土曜日のトリノ戦で引き分けに終わった要因として、パス、シュートの不正確を挙げている。

 トリノ戦終了後、インテル監督は引き分けに終わった試合についてコメントした。「トリノはとてもにアグレッシブに試合に挑んできたが、我々はこうなることを予想していた。我々は相手のプレッシャーに対応することに時間がかかり、自分たちのプレーをしようと努力をしたが、あまりにも多くのミスを犯してしまった」

 「我々には試合の後半に3、4つの決定機があった。試合に勝利するために96分まで攻め続けたが、残念なことに決勝点を奪うことができなかった。我々は失望している」

 「本当に後悔している。我々には目指している大きな目標があるからだ。我々は目標を達成するために全力を尽くして戻ってくるよ。我々は全ての試合で勝利しなければいけない。しかし、我々は最初からさらに強い意欲を持って試合に挑むべきだった」

 「我々は最近の試合で素晴らしいプレーを見せていた。故に、私は今日の試合でも決定力を期待していたんだ。簡単な試合にはならないとわかっていたが、我々は多くのチャンスを生み出していた」

 「我々はたくさんの技術的なミスを犯してしまった。それは、我々が完全に集中できていなかったからだ。我々のようなチームは、試合を組み立てる最中に多くのミスを犯すことはできない。これは我々が試合に挑む上で重要なことなんだ。我々は多くの決定機を作り出し3点目を決めることができるはずだったが、残念ながらフィニッシュが完璧ではなかった」

 試合前のピエロ・アウジーリオの発言について問われたピオリは「私はクラブから信頼、サポートしてもらい大変幸せだ。今夜は望んでいた勝利を手に入れることができなかったから幸せではないけどね。私は何人かの人たちが私の将来について心配している事を知っている。しかし私は今現在幸せな生活を送っているし、現在の仕事に満足している」

 「残念ながら今日は好機を逃してしまったが、代表ウィーク中に充電し、次の試合に向けて準備をしなければならない」

 そしてピオリは最後に、蘇寧の大望について「蘇寧はここで偉大なものを作り上げようとしている。インテルを成功に導くために、チームだけでなく設備にも投資するつもりだ」と述べた。


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 
読み込み中