複雑な気持ちのダンブロージオ

 インテルはトリノ戦で引き分けに終わり勝点2を取りこぼしてしまったが、ダンブロージオはイタリア代表に初召集されたことを喜んでいる。「クラブ、ピオリ、チームメイトに感謝している。僕たちは今日の試合で引き分け以上の結果に値したよ」

 トリノ発 - この日はダニーロ・ダンブロージオにとって複雑な日になっている。彼はイタリア代表に初召集されたが、その日の午後に行われたトリノ戦でインテルは勝点2を取りこぼしている。

 28歳のイタリア人DFは、土曜日のスタディオ・オリンピコ・ディ・トリノで行われた試合に 2-2 で引き分けた後、ミックス・ゾーンでインタビューに答えている。

 「試合に勝利しなければいけないんだ。なぜなら僕たちはインテルなんだ。僕たちはリーグ戦で勝ち続けなければいけない位置にいる。僕たちは引き分け以上の結果に値したよ」

 「僕たちはトリノが激しいテンポで試合に挑んでくることを知っていた。僕たちは先制することに成功したが、その後失点をしてしまった。試合終了間際に僕たちは試合を3-2にするチャンスがあったが、ゴールを決めることができなかった」

 「チームの全員がハードワークしているし、僕たちはこのまま前進していくつもりだよ。3位でリーグ戦を終えるためには全力を尽くして仕事に取り組んでいく必要があるんだ」

 インテルはトリノ戦で引き分けに終わってしまったが、ダンブロージオには嬉し知らせが届いている。彼はアルバニア、オランダと対戦するジャンピエロ・ヴェントゥーラ率いるイタリア代表に初召集されている。

 「夢が叶ったよ。僕はクラブと監督に感謝しなければならない。僕が代表に召集されたのはチームが素晴らしい試合をしているからなんだ。今日の試合で勝つことができていれば、なおさら良かったんだけどね」

 

 


 English version  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 
読み込み中