インテルアカデミーと共に、日本からミラノへ

 インテルアカデミー東京の25人の子どもたちと9人のコーチが、5日間のインターンシップを行った。

 ミラノ発 – 月曜日、インテルアカデミー東京の一行が、ミラノでの5日間のインターシップの最終日を迎えた。

 9人のコーチと共に日本からやって来た25人の子どもたちは、インテルアカデミーのテクニカル・ディレクターであるマルコ・モンティやコーチングスタッフメンバーのアンドレア・ラッティマッシミリアーノ・バリーゾニの指導を受けた。

 年若き選手たちは適正テストを受け、アカデミーマッチやトレーニングを見学。コーチ陣はその間教室で、インテルのU12コーチのファビオ・サッカとクラブのユース・エクセレンス・センターとインテル・グラスルーツ・プログラムのコーディネーターであるパオロ・ミリヤヴァッカの講義を受けた。

 日本から訪れた34人のゲストは木曜日、アンジェロ・モラッティ・蘇寧トレーニングセンターで丸一日を過ごした。アッピアーノ・ジェンティーレのピッチでトレーニングに参加した後、ファーストチームの午後のトレーニングを見学し、副会長のハビエル・サネッティにも会っている。

 一行はその他、スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァのスタジアムツアーに参加し、ミラノ市中央に位置するクラブオフィスのトロフィールームも見学した。そして最後には、関係者全員にこのインターンシップの参加証明書が授与された。


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 

読み込み中