世界のインテルキャンパス・コーチがミラノを訪問

 世界各地からやって来たコーチにとって、ミラノでトレーニングに参加した期間は特別な1週間となった。

 世界各地から参加したインテル・キャンパスのコーチ10人にとって特別な1週間が終わりを告げた。彼らはインテル・キャンパスから、教室とトレーニングピッチの両方でのテクニックを更に磨くためのチャンスを与えられ、ミラノに滞在していた。同時にこれは、インテル・キャンパスがスポーツ以外の分野で様々な社会的なテーマ ― イスラエルとパレスチナの関係、チュニジアでの女性の地位、ブラジルやメキシコにおけるドラッグと暴力の問題 ― にも考慮していることが示された瞬間でもあった。ミラノにやって来たコーチ10人は、それぞれ異なる文化と言語を持っているものの、サッカーとインテルのユニフォームへの愛という共通点を持っていた。

 日曜日または月曜日にミラノに到着した10人は、ファーストチームのトレーニングを見学し、監督スパレッティやその他のチャンピオンにも会うことができた。また、できたばかりのインテル・メディアハウスに入り、初めてのサン・シーロ周辺の散策を楽しみ、蘇寧開発センターやインテル・アカデミーも訪問した。そして、もちろん多くのトレーニングも経験した。10人のコーチは土曜日、この経験を胸に、それぞれの国でインテル・キャンパスと共にプレーし、成長する大勢の子どもたちの元に帰る。

 インテル一同は、時間と情熱を捧げるコーチのほか、この重要なプロジェクトに貢献する地域のパートナー及びUEFA子供基金に心から感謝している。


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 

読み込み中