トルド:「ザ・ホール・オブ・ザ・フェーム・プロジェクトはクラブにサポートされている」

 インテル・フォーエバーのディレクターであるフランチェスコ・トルドがネラッズーリのホール・オブ・ザ・フェームをプレゼンした:「決定権の大半はファンの手の中だ」

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - 12月2日(土)、アッピアーノ・ジェンティーレのインテル・メディア・ハウスの記者会見場で、ザ・ホール・オブ・ザ・フェーム・プロジェクトはCCOロベルト・ファウルクナーとインテル・フォーエバーのディレクターであるフランチェスコ・トルドによって正式に公表された。

 元インテルGKがどのように同プロジェクトが発展してきたか話した。「ザ・ホール・オブ・ザ・フェーム・プロジェクトはクラブによってサポートされている。我々は候補者となっている元インテル選手にコンタクトをとった。そして彼らは情熱的で、全員が候補者になりたいと望んでいる。決定権の多くはウェブサイトに登録しているファンに委ねられる。その後、インテル選手と従業員、もちろんメディアも投票を行う。インテルのように国内と国外でね」


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana 

読み込み中