インテル・ホール・オブ・フェーム2018:GK候補

 パリュウカ、トルド、ゼンガ:彼ら全員がインテルと共に歴史を築いたが、2018年のホール・オブ・フェーム入りを果たすのは1選手だけだ。

 ミラノ発 - 2018年度のホール・オブ・フェームの投票は締め切られ、現在得票数がカウントされている。公式サイトを介しファン、またインテル内部、30に及ぶ国内、並びに国外紙によりこの投票は行われた。これら全ての統計に基づき、過去の歴史を紐解き栄誉を受けるに価する4選手が選出される。

 毎週金曜日、インテルの110周年を祝う3月9日に、ホール・オブ・フェーム入りを正式に果たす最も多くの票を獲得した上位3選手を紹介する。

 リストアップされたゴールキーパーはアルファベット順に、ジャンルカ・パリュウカフランチェスコ・トルドワルテル・ゼンガの3名である。どの選手が最初にホール・オブ・フェーム入りを果たすのだろうか?


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  中文版  Versione Italiana