インテルアカデミー・ジャパン、大きく飛躍! 長友との夢の対面も...

18名の日本人少年がコーチ3名とイタリアを訪問、インテル対ウディネーゼを観戦した翌日はアッピアーノでトップチーム練習見学

[ミラノ] 今週、インテルにいる日本人は長友佑都ひとりだけではない。インテルアカデミー・ジャパンの子供18名とコーチ3名がイタリアを訪問し、FCインテルナツィオナーレのゲストとして黒と青に染まった一週間を満喫しているのだ。日本でのインテルアカデミーはテクニック面/オーガナイズ面で大成功を得ており、驚異的な数字とハイレベルの結果を見せている。これはコーチのマッシモ・チョッチの仕事ぶりと、すべての細かい面を念入りにケアするインテルアカデミースタッフのおかげと言える。FCインテルナツィオナーレは日本でのパートナー組織“Black and Blue Stripes”にも深く感謝している。

今回イタリアを訪問した少年たちはインテル育成部門の“ジャチント・ファッケッティ”センターでトレーニングセッションを行う他、インテル下部組織チームの試合をいつくか観戦。27日(木)は“ジュゼッペ・メアッツァ”スタジアムでインテル対ウディネーゼ戦を観戦し、28日(金)は“アンジェロ・モラッティ”センターでトップチームの午前練習を見学した後、憧れの長友佑都に対面した。サッカーとインテルが大好きな日本人少年にとって、長友は目指すべき夢の象徴である。そんな彼に会うことが、今回のイタリア訪問のクライマックスであったことは言うまでもない。



 English version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

読み込み中