インテルアカデミージャパンのミラノ大冒険

“ブラック&ブルーストライプス”の少年と指導者が、特別な日々を過ごしている。F.C.Internazionaleは、ユニークがゲストを迎えた。

ミラノ発 - インテルアカデミージャパンのパートナーの名は、“ブラック&ブルーストライプス”。青と黒の縦縞をまとった彼らは、忘れがたい経験をした。日本からきた24人の少年と若者が、金曜日からミラノで過ごしている。

長旅の後の休息は適切なことであり、すぐに我々の指導者とピッチで練習に励んだ。午後は同世代のネラッズーロの若手と対決する機会も。インテルとの数年にわたるコラボレーションを示す最良の方法だった。

土曜日午前、待ちに待った長友佑都とそのほかのトップチームメンバーと対面があった。ステファノ・ヴェッキのプリマヴェーラを含めた紅白戦を観戦し、写真やサインもゲットしている。

その数時間後、再びピッチに登場。“ジャチント・ファッケッティ”スポーツセンターで日本のコーチと“テクノスカレッジ”の学生が講習を受けた。

今日はフレンドリーマッチを開催。ASDカルヴァイラーテとの試合で、インテルアカデミージャパンは2勝1分けだった。明日も開花の時期を迎えた東京とインテルの絆をさらに深めるため、目白押しの一日が待っている。


 English version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

読み込み中