出場試合数
234
Goal
0
勝利
Nazionalita
IT
勝利
Gianluca Pagliuca
Goalkeeper
ジャンルカ・パリュウカは28歳の時、世界で最も価値のあるユニフォームを着るためにインテルに来た。それはインテルの背番号1番だ。パリュウカは「僕のセーブでゼンガが忘れ去られないことを確実にしたい」と記者会見で語り、奇跡を引き起こした。パリュウカはすぐにインテルに順応し、日々のトレーニングに励み試合に臨んだ。13年間インテルで活躍したワルテルの後を継ぐのは簡単なことではなかったが、パリュウカはトレーニングと試合でのパフォーマンスが言葉よりも多くを語るとわかっていた。彼はインテルを理解し、インテル選手であることの意味も理解していた。ゴールポストの間に立つ彼は無敵で、ピッチ外でもカリスマがあり、どんな対戦相手を前にしても怖気づくことはなかった。ユース時代を過ごしたボローニャで選手として成長し、サンプドリアでGKとして成熟したパリュウカは1991年5月、当時優れたドイツ人選手を擁したインテルとの試合でマテウスのPKを防ぎ、マンチーニやヴィアリと共にサンプドリアのスクデット獲得を祝った。USAで開催されたワールドカップ後にネラッズーリとなってからも、パリュウカの活躍は続いた。このW杯で同GKはノルウェー戦で退場処分を受けたものの、PK戦にもつれ込んだ決勝ではブラジルの1本目のPKを止めてヒーローとなったが、イタリアは最終的にブラジルに敗れ、W杯チャンピオンになることは叶わなかった。インテルでは順当に勝利を重ねてユヴェントスとスクデットを懸けて争っていた。しかし前代未聞の審判のミスでシーズン終盤の数試合で勝点を取りこぼし、リーグ優勝を逃した。その後のUEFAカップもあと一歩のところで掴み損ねたのだ。チーム内でボローニャ出身の同GKは間違いなくリーダーだった。彼は常にチームメイト、対戦相手、不運な審判にも耳を傾ける準備をしていた。当時のACミランは非常に強力なライバルだったが、彼らはジャンルカを倒すことが出来なかったのである。パリュウカがインテルのゴール前に立ったミラノダービー通算成績は6勝0敗4分。歴史的にサン・シーロには要求が多いが誠実な観客が詰め寄せ、彼らは誰がインテルユニフォームに全てを捧げているか認識していた。今日でも、パリュウカが何時戻ろうとも拍手喝采で歓迎される。マルセロ・リッピがアンジェロ・ペルッツィを正GKに起用する決断を下した1999年にパリュウカはクラブを去った。複数の人々は、彼が1998年4月26日の試合後の物議をかもすシーンを忘れてないと言う。それはもう過去のことだ。時間がすべての(もしくはほとんどの)傷を癒す。明白にパリュウカはネラッズーリヒストリーの中にいる。それはただ主将としてクラブ史上3度目のUEFAカップを掲げただけではないのだ。
シェア