出場試合数
473
Goal
0
勝利
Nazionalita
IT
勝利
Walter Zenga
Goalkeeper
ワルテル・ゼンガはインテルに所属し、今でも未だに複数の理由からインテルと繋がっている。

サッカー史の中で1人の選手とその選手を心の底から応援していたファンの間に強い愛がある物語を探すのは難しい。ゼンガは伝説のGK、もしくは素晴らしい監督になる以前は偉大なるインテリスタであった。自信に満ち溢れたゼンガは自発的でクラブを愛し、インテルとの関係性はピッチ上、または青年の時に頻繁に通ったクルヴァ・ノルドと同じだった。ワルテルは4年間、サレルニターナ、サヴォーナ、サンベネデッテーゼにローン移籍で渡り歩き、その後にインテル不動の守護神となった。少年として去った彼は、仲間意識を構築したタフな時期を経験した男として戻って来たのだ。 サン・シーロに戻ったゼンガはキャリアの中で公式戦474試合に出場、世界最優秀GKに3度、2度のW杯出場、1990年W杯では7試合で2失点しか許さずイタリア代表は3位で同大会を終えた。そして卓越したプレーでスクデットを獲得に貢献し、チームもタフなチーム相手(オランダ人スター選手を擁したACミラン、マラドーナが所属していたナポリ、マンチーニのサンプドリア、ラウドルップとアルトベッリを擁したユヴェントス)に記録を作り出した。

ワルテルがチームを去る時、彼に相応しい退団セレモニーが行われた。1994年5月のザルツブルク戦でゼンガは素晴らしいセーブを披露し、インテルがクラブ史上2度目のUEFAカップ優勝を成し遂げた。

シェア