出場試合数
233
Goal
0
勝利
Nazionalita
IT
勝利
Francesco Toldo
Goalkeeper
彼はすべてを勝ち取るインテリジェンスを持ち、チームを1つに保つ接着剤のようなスター選手だった。控えメンバーになることは誰にでも簡単なことではない。インテルがイタリアとヨーロッパで席巻しようとする時期、フランチェスコ・トルドはそれを理解した。 彼は控えGKだろうとも、象徴的な背番号1を纏い続けた。2001年に加入したトルドはボルドン、サルティ、ヴィエリ、ゼンガ、パリュウカ、ペルッツィ、フレイという偉大なるGKのレガシーを引き継ぐ形でこの困難なタスクに挑んだ。そのレベルを維持することは容易いとは言い難い。

フランチェスコ・トルドにとってタフな挑戦だったが、彼はするべきことは分かっていた。8年間所属したフィオレンティーナで彼は非常に高いレベルの中に身を置き、ヴィオラとイタリア代表で信じられない夜を経験する。ウェンブリー・スタジアムでのアーセナル戦では驚愕的で、アムステルダムで行われたイタリア代表の試合ではとても素晴らしいプレーを披露した。特にUEFA欧州選手権準決勝の勝利はトルドが導いた言っても過言ではない。

彼はネラッズーリでも自身のスタンダードを保っていた。トルド加入初年度にチームはスクデット獲得まであと一歩、翌年にはチャンピオンズリーグ準決勝まで駒を進めた。インテルはトルドの卓越したパフォーマンスで再びCL準決勝に到達したのである。サン・シーロでの1stレグを1-0で落としたバレンシアは本拠地エスタディオ・デ・メスタージャで27本のシュートを放ったが、それでもゴールを割るのには足らなかった。 その夜、トルドがすべてをコントロールし、ネラッズーリとの冒険の中で彼はそれを絶え間なく続けた。彼はチームのヴォーカルリーダーの1人として、屈強な守備と破壊力あるカウンター攻撃のネラッズーリDNAにこだわったエクトル・クーペルのチームで常に警戒を促していたのだ。

2005年、トルドは加入したジュリオ・セザールと正GKの座を争うことになり、8つ年下の同ブラジル人GKの控えとなった。トルドのインテリジェンスはその新たな状況を受けいれ、練習場ではジュリオ・セザールを後押しする一方でマンチーニ、そしてモウリーニョからチャンスを与えられた時のために常に準備できている状態を保っていたのだ。選手としてのキャリア最後の試合は最高で理想的な瞬間となった。マドリードで開催されたCL決勝の舞台で優勝トロフィーを掲げた後、当時39歳のトルドは現役引退を決意した。インテルでのキャリア終焉は新たなキャリアの始まりとなった。トルドは元ネラッズーリ選手で構成されるインテル・フォーエバー・プロジェクトの指揮を執ることになり、レジェンズチームとの試合を計画し、インテルで歴史を作りサン・シーロに帰還した選手たちと交流している。 「一度インテリスタになったら、ずっとインテリスタだ」これがプロジェクトのスローガンである。このモットーはフランチェスコ・トルドに間違いなく合致している。

シェア