試合結果

2017年2月12日 15:00

Inter
9' (2nd half) Candreva
14' Eder
Empoli
主審 Domenico Celi / 副審 Giulio Dobosz, Giorgio Schenone / 第4審判 Andrea Crispo / 追加審判 Daniele Doveri, Aleandro Di Paolo
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

ロドリゴ・パラシオ
6.71
6.71
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
7.55
7.55
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ダニーロ・ダンブロージオ
5.63
5.63
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ガリー・メデル
6.8
6.8
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョフレイ・コンドグビア
7.26
7.26
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・ミランダ
6.38
6.38
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジェイソン・ムリージョ
6.25
6.25
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エデル・チタディン・マルティンス
7.47
7.47
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
クリスティアン・アンサルディ
4.68
4.68
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
6.76
6.76
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・マリオ
6.64
6.64
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ガブリエル・バルボーサ
6.27
6.27
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アンドレア・ピナモンティ
6.56
6.56
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ロベルト・ガリアルディーニ
7.6
7.6
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 6.61 採点を 送信
8 枠内シュート 4
4 枠外シュート 3
13 ファウル 21
9 CK 2
1 オフサイド 0
53% ポゼッション 47%
勝(12) 分(0) 敗(1)

 ミラノ発 – インテルは12日(日)午後、エデルのゴール(前半)とカンドレーヴァのゴール(後半)で良く組織され、スピリットのあるエンポリに勝利した。しかし、エンポリGKウカシュ・スコルプスキの素晴らしいセーブが無ければ、両チームの得点差は更に開いていただろう。

 インテルはイカルディとペリシッチを失場停止処分で欠いたが、彼らの代わりに出場したパラシオとエデルの両選手が得点に絡み、インテル選手層の厚さを見せた

 インテルは素晴らしい立ち上がりを見せた。右サイドのダンブロージオとカンドレーヴァは良いクロスを上げ、相手の脅威になっていた。しかし、インテルは相手GKのスコルプスキが素晴らしいプレーでリードを奪うことが出来ない。前半9分、パラシオがヘッドで合わせたボールはゴールのトップ・コーナーへ飛んでいったがスコルプスキにセーブされてしまう。その後も彼は、多くの素晴らしいセーブを見せ続ける。

 しかし、ファンはゴールが決まるは時間の問題であると感じていただろう。そして、待望の先制点をファンが目撃する。カンドレーヴァがニアに上げたクロスは相手DFに当たり、そのボールに素晴らしいタイミングで反応したパラシオが彼よりも大きいDFを相手に競り勝ち、ボールを頭でファーポストに送る。そのボールにエデルが反応し、彼はボールを胸でゴールに押し込んだ。

 試合はインテルが支配していたが、トスカーナのチームは時にインテルの脅威となるプレーをみせていた。25分、エル・カドゥリがインテルのペナルティーエリアを目視した後に蹴ったクロスボールがゴールに飛んでいくが、幸運にもハンダノヴィッチが落ち着いて対応する。

 5分後、ガリアルディーニにインテルでの初ゴールを決めるチャンスが訪れた。完璧に試合をコントロールしていたインテルが攻撃を仕掛ける。グラウンダーのクロスに、ペナルティーエリア内でガリアルディーニが合わせるが、スコルプスキのセーブに遭い、ボールはゴール上へと外れてしまった

 後半も前半と同じように、インテルが試合をコントロールし、エンポリがカウンターでゴールを狙う試合展開となった。51分、エデルがエリア内にボールを送り、ガリアルディーニがボレーで合わせるもシュートはゴール上に外れた。

 53分にエンポリに大きなチャンスが訪れる。クルニッチがワン・ツーでエリア内に抜け出した。しかし、ボールは流れてしまい、ハンダノヴィッチと至近距離のシーンだったが、放ったシュートはインテルGKがセーブ。その1分後、エデルのクロスにカンドレーヴァがボレーで合わせインテルが追加点を決める。

 このゴールによってインテルは守備を固め、エンポリは諦めずに試合に挑んだが、試合のペースはスローダウンした。その後、両チームに幾つかの選手交代を行い試合の活性化を図った。インテルは今日の試合でも良いプレーを見せていたパラシオに変えて、バルボーサを投入。その後、エデルを下げ、ピナモンティがセリエAデビューを果たした。

 この途中出場した2人はインテルにチャンスをもたらしている。ピナモンティがジョアン・マリオにパスを送り、このボールをジョアン・マリオが横に開いていたバルボーサにパス。しかしバルボーサが放ったシュートは僅かにゴール横に外れた。その後、このブラジル人はガリアルディーニからのコーナーキックに頭で合わせるがスコルプスキにセーブされてしまう。彼にとってはついていない午後となってしまった。

 インテルは3点目を決めるために相手に圧力をかける。ミランダが放ったヘディング・シュートはゴール数メートル前で相手に防がれる。その4分後ドメニカ・セリ主審は試合終了の笛を吹いた。

先発メンバー

Handanovic 1 28 Skorupski
Murillo 24 2 Laurini
Medel 17 24 Cosic
Miranda 25 13 Veseli
Candreva 87 4 Dimarco
Gagliardini 5 33 Krunic
Kondogbia 7 8 Diousse
D'Ambrosio 33 11 Croce
Joao Mario 6 10 El Kaddouri
Eder 23 7 Maccarone
Palacio 8 20 Pucciarelli

ベンチ

Carrizo 30 1 Pugliesi
Biabiany 11 23 Pelagotti
Ansaldi 15 3 Zambelli
Sainsbury 20 5 Mauri
Santon 21 17 Zajc
Nagatomo 55 19 Barba
Barbosa 96 27 Thiam
Pinamonti 99 31 Picchi
77 Buchel
88 Tello
89 Marilungo

Choose the action and relive the game in every single detail.