試合結果

2018年5月6日 12:30

Udinese
Inter
27' (2nd half) Valero
46' Icardi
44' Alcantara
12' Ranocchia
主審 Paolo Mazzoleni / 副審 Giallatini, Valeriani / 第4審判 Di Paolo / 追加審判 Giacomelli, Paganessi
試合ハイライトを視聴する

レポート
レポート

ダヴィデ・サントン
5.47
5.47
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アンドレア・ラノッキア
6.87
6.87
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
サミル・ハンダノヴィッチ
6.91
6.91
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マウロ・イカルディ
7.37
7.37
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
マルセロ・ブロゾヴィッチ
7.44
7.44
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イヴァン・ペリシッチ
6.7
6.7
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エデル・チタディン・マルティンス
5.72
5.72
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
アントニオ・カンドレーヴァ
5.5
5.5
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ミラン・シュクリニアル
6.9
6.9
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
イグレシアス・ボルハ・バレロ
6.56
6.56
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
エンリケ・ダルベルト
6.26
6.26
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ジョアン・カンセロ
7.27
7.27
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ヤン・カラモウ
6.21
6.21
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
ラファエル・アルカンタラ・ド・ナシメント
8.16
8.16
2 3 4 5 6 7 8 9 10 X
採点
チーム<br>平均点 6.67 採点を 送信
2 枠内シュート 11
6 枠外シュート 8
13 ファウル 6
5 CK 9
1 オフサイド 2
36% ポゼッション 64%
勝(21) 分(15) 敗(11)

 ウーディネ発 – 前節ユヴェントス戦で苦い敗北を喫したインテルにとって最高の試合結果となった。5日(日)昼、今季セリエA第36節ウディネーゼ対インテル戦が行われ、ネラッズーリはラノッキア、ラフィーニャ、イカルディ、ボルハ・バレロのゴールで4-0の勝利を収めた。これでインテルは今日試合を控えるチャンピオンズリーグ出場圏内に位置するローマ、ラツィオとの勝点差を1にした。

 ウォーミングアップ中に大腿部分に軽い問題を抱えたミランダはベンチスタートとなり、アンドレア・ラノッキアが代わりに先発出場を果たした。キックオフからボールをキープしたインテルは早い時間帯からチャンスを数多く作り出す。まず5分、ジョアン・カンセロのFKからイヴァン・ペリシッチがゴール前でヘディングシュート。ボールはGKビサッリを通り越してゴールかと思われたが、ゴールライン手前でダニーロが頭でクリアした。さらにその3分後、再びカンセロから放たれたボールをアントニオ・カンドレーヴァが右足で合わせるも、ビサッリが右手で防ぐ。11分にはマウロ・イカルディがボックス内でパスを受けて右足を振り抜くもビサッリの正面。

 しかしネラッズーリが先制弾を掴むのにそう時間を要さなかった:ブロゾヴィッチの左CKからアンドレア・ラノッキアが頭で合わせネットを揺らした(12分)。しかしリードを奪ったインテルは攻撃の手を緩めない。相手守備ライン裏に抜け出したイカルディだったが、GKビサッリが飛び出して止める。だがそのこぼれ球をペリシッチがダイレクトシュート。ボールは枠内に飛んだが、ゴールライン手前で再びダニーロにクリアされた(18分)。

 33分、立て続けに好機がインテルへやって来る:左CKからカンセロのシュート、ペリシッチのパスを受けたカンドレーヴァのシュートは枠外。一方でウディネーゼもベラミのヘディングシュートはゴール上に外れ、完全にラノッキアの裏をとったラザーニャの絶好機はサミル・ハンダノヴィッチが足で防いだ(36分)。前半残り5分となり、インテルがウディネーゼゴールに襲い掛かる。ブロゾヴィッチの直接FKはGKビサッリに止められる。しかし44分にラフィーニャがドリブルからセリエA初ゴールを奪ってスコアを2-0とした。だが前半はこれで終わらない:イカルディがボックス内で強引に仕掛けて右足を一閃。ボールは二アサイドをぶち抜き、インテルは3点リードでハーフタイムを迎えた。

 後半開始から3点を追いかけるホームチームが早速チャンスを掴む。ボックス内でパスを受けたラザーニャが左足で狙うもゴール左。しかしそのウディネーゼの勢いはすぐに途絶えた。ペリシッチにファールをしたフォファナがVAR判定後にレッドカードを受けてホームチームは数的不利とった(49分)。

 試合のペースは落ち着き、インテルはボールを回して時間だけが過ぎていた。しかし71分、ペリシッチのミドルシュートが相手選手に当たってコースが変わってボルハ・バレロのもとへ。同スペイン人選手はトラップから落ち着いてゴール右隅にボールを流し込んだ。

 試合終了直前には途中出場のエデルとヤン・カラモウでカウンター攻撃で5点目を狙うが、同フランス人選手の放った強烈なシュートはゴールバーを直撃した。後半アディショナルタイムはなく、インテルはアウェイで4-0の完勝を収めた。

ウディネーゼ 0-4 インテル(前半0-3)
得点者:
ラノッキア(12分)、ラフィーニャ(44分)、イカルディ(45+1分)、ボルハ・バレロ(72分)

ウディネーゼ:1 ビサッリ;19 ラーセン、5 ダニーロ、3 サミル、27 ウィドマー;85 ベラミ(14 ジャンクト 74分)、6 フォファナ、53 アドナン、99 バリッチ、10 パウル(72 バラク 51分);15 ラザーニャ(18 ペリカ 79分)
ベンチ:22 スクフェット、25 ボルセリーニ、11 ザンパーノ、13 イングレッソン、17 ナウティンク、20 ロペス、21 ポンティッソ、23 ハルフレドソン、97 ペッツェラ
監督:イゴール・トゥドール

インテル:1 ハンダノヴィッチ; 7 カンセロ、37 シュクリニアル、13 ラノッキア、29 ダルベルト(21 サントン 69分);20 ボルハ・バレロ、77 ブロゾヴィッチ; 87 カンドレーヴァ(17 カラモウ 79分)、8 ラフィーニャ(23 エデル 84分)、44 ペリシッチ;9 イカルディ
ベンチ:27 パデッリ、46 ベルニ、2 リサンドロ・ロペス、25 ミランダ、99 ピナモンティ
監督:ルチアーノ・スパレッティ

イエローカード:ダニーロ
レッドカード:フォファナ
アディショナルタイム:1+0分

主審:マッツォレニ
副審:ジャッラティーニ、コスタンツォ
4審判:ディ・パオロ
VARジャコメッリ、バガネッシ

先発メンバー

Bizzarri 1 1 Handanovic
Larsen 19 7 Cancelo
Danilo 5 13 Ranocchia
Samir 3 37 Skriniar
Widmer 27 29 Dalbert
Behrami 85 20 Valero
Fofana 6 77 Brozovic
Ali Adnan 53 87 Candreva
Balic 99 Alcantara
De Paul 10 44 Perisic
Lasagna 15 9 Icardi

ベンチ

Scuffet 22 27 Padelli
Borsellini 25 46 Berni
Zampano 11 2 Lopez
Ingelsson 13 25 Miranda
Jankto 14 17 Karamoh
Nuytinck 17 21 Santon
Perica 18 23 Eder
Maxi Lopez 20 99 Pinamonti
Pontisso 21
Hallfredsson 23
Barak 72
Pezzella 97

Choose the action and relive the game in every single detail.