UCL、ファラオーニ:「グループ突破をまだしていない気持ちで」

「決勝トーナメント進出を手にしていることを忘れて明日のゲームに臨む。先発デビューさせてくれたラニエリ監督に感謝」

[アッピアーノ・ジェンティーレ] インテル対CSKAモスクワ戦前日会見での選手代表としてクラウディオ・ラニエリ監督に指名されたのは、先日のウディネーゼ戦でスタメンデビューを果たしたダヴィデ・ファラオーニ。「先発表に僕の名前が載っているのを見た瞬間、胸が高鳴りました。ピッチに入って10分もしないうち緊張感は消えていました。試合だけに集中していました」。ファラオーニは初先発の心境をこう振り返った。

「不安はあったかって?いや、幸いにも不安はなかったです。最初だけ少し緊張しているというのはありましたが、 自信を持ってピッチに立ちました。信頼してくれたラニエリ監督に感謝しています」

明日のゲームについて、ファラオーニは次のように述べた。「グループ突破を出来ていない気持ちでプレーしたいと思います。やる気満々ですよ。これからはすべての試合が厳しい対決になるでしょうが、ベストの形で臨んでいきたいと思います。僕たち若手選手は110%練習に打ち込んで、チームに貢献していきたいですね。常に、僕たちはチームのために全力を尽くします。監督が与えてくれる可能性をフルに生かすようにします」

「自分が好きなポジションですか?全部好きですよ、どんなポジションでもノープロブレムです。サイドを駆け上がるのは昔から好きですし、サイドハーフは自然とこなせます。上がり目のポジションだとゴールに近い分、アシストやゴールの可能性も多くなるのがいいですね。でも、繰り返して言いますが、僕はどんなポジションでもオッケーです」

自身が育った古巣、ラツィオについてコメントを聞かれたファラオーニは、こう答えた。「どうしてもラツィオについて話を聞きたいというのでしたら、ここではなくてバールでやりましょう。この席では、僕は今のチームのことしか話しません」。隣に座っていたラニエリ監督が「それに、ラツィオの話をしたら私は彼をチームから外しますからね………(笑)」とツッコミを入れて、会場は爆笑となった。

広報部



 English version  Versione Italiana 

読み込み中