11月20日、世界こどもの日

 1997年以来、インテルは数千人に及ぶ子どもたちの遊ぶ権利を保証するために尽力している。

 世界中の子どもたちの成長と、彼らが能力を最大限に発揮することを保証・促進するために、1989年に国連こどもの権利条約が採択された。

 それ以来、乳幼児の死亡率低下や就学児童数の増加など多くの成果が上がっている。しかし道のりはまだ長い。未だに多くの国で、遊ぶ権利を奪われている子どもたちがいることを忘れてはならない。このような子どもたちは働くことや兄弟の面倒を見ること、更には違法行為を強制されている場合がある。

 サッカー、コーチ、インテルのユニフォームを通じて、インテル・キャンパスは全ての子どもたちがそれぞれの年齢に合ったアクティビティーを楽しめるように力を尽くしている。

 遊ぶという能力は一人ひとりの子どもにとって基本的なものだが、同時に成長の仕方を学ぶためにも大変重要なものだ。


 English version  Versión Española  Versione Italiana 

tags:
読み込み中