セリエA、ノヴァーラ対インテル戦:3-1

セリエA、ノヴァーラ対インテル戦:3-1

メッジョリーニが先制、リゴーニがPKから追加点。終盤にカンビアッソが1点奪い返すも、ロスタイムで相手が駄目押しゴール

[ノヴァーラ] 試合前のインテルにはフェスタの雰囲気があふれていた。今日はインテルでの757試合目に臨むサネッティにとって、記念すべき日。黒と青一筋にキャリアを捧げたサネッティはインテルの歴代最多出場記録を更新した。だが、フェスタに水を差したのはメッジョリーニの先制ゴールと、リゴーニのドッピエッタだった。サネッティのフェスタを祝う以上に、“シルヴィオ・ピオラ”スタジアムで55年ぶりにセリエAのピッチに上がったノヴァーラを祝う雰囲気が90分間占めたと言えるだろう。

前半:ノヴァーラ戦、ガスペリーニ監督は3バックスをルシオ、キヴ、ラノッキアで構成、中盤はサネッティ、カンビアッソ、スナイデル、長友、前線にはフォルラン、ミリート、カスタイニョスという布陣でゲームに臨んだ。インテルとノヴァーラが対戦するのは1955-56シーズン以来のことである。キックオフ直後に、ノヴァーラにチャンス。エリア内でキヴがクリアミス。メッジョリーニに出たボールにセザルが飛び込んで強く衝突、ピッチ上で治療を受ける。そこからのCKのボールにパーチが飛び込むがキヴがライン上で跳ね返して事なきを得る。15分にノヴァーラの好プレー。リゴーニのクロスをメッジョリーニがアクロバティックな左足のボレーを打つが枠をわずかに外れる。16分、縦への浮き球にマッゾラーニが反応、飛び出したセザルと衝突。32分、フォルランのコーナーキックは、ノヴァーラGK、ウイカニがパンチングで防ぐ。この際、ラノッキアのシャツをパーチが明らかに掴んでいるように見えたが、主審はPKを取らなかった。さらに、インテルは攻勢に転じる。36分、スナイデルのロングシュートはパーチの体に当たり。ウイカニGKが難なくキャッチ。そして、38分、ノヴァーラに先制ゴールが生まれる。エリア左サイドでマッザラーニがフリー。中に折り返したボールを元インテルのメッジョリーニが左足のグラウンダーのシュート。これが、ファーサイドのネットに突き刺さり、ノヴァーラが1-0でリード。前半はノヴァーラが1-0でリードしたまま終了した。

後半:ハーフタイムでガスペリーニは2人の選手を交代させた。フォルランに代わってパッツィーニ、カスタイニョスに代わってオビがピッチに上がった。4分、長友が右サイドを突破、強烈な左足のシュートを放つが、惜しくもファーサイドに外れた。その直後に今度はノヴァーラに決定的なチャンス。カンビアッソと入れ替わるような形で抜け出たマッザラーニがジュリオ・セザルと1対1に。セザルは、マッザラーニのシュートを辛うじて足でブロックした。17分、マッザラーニのカウンターアタックに守備を強いられたオビがファウルでイエローカートをもらう。その5分後、ガスペリーニは最後のカードを切る。スナイデルを下げてサラテをピッチに送り出した。今夜はパッツィーニのゴール嗅覚の冴えもなかった。26分、長友、ルシオと繋いだボールがゴール前のパッツィーニにこぼれた。パッツィーニは体を半転させて打ったが、相手DFに当たり、クロスバーの上に外れた。ベルゴンズイ主審はボールがDFに当たっていたのが見えなかったようで、ゴールキックを指示した。27分にはデッラフィオーレのシュートがバーの上に外れる。31分、インテルに絶好の同点機。カンビアッソのスルーパスに反応したパッツィーニのシュートはわずかに枠を外した。この日のラノッキアは苦戦を強いられた。特に森本とのマッチアップでは苦労していたようだ。そして、最後に、エリア内で森本を倒し、PKを与えることになってしまった。41分、森本が得たPKをリゴーニがゴール中央に決めノヴァーラは2-0とした。試合終了間際、ゴール前のこぼれ玉をカンビアッソが決めて1点差に追い詰めたが、その直後、ジュリオ・セザルが弾いたボールをリゴーニに決められて万事休す。インテルにとって予想外の敗戦だった。


ノヴァーラ対インテル 3-1

得点者:前半38分 メッジョリーニ、後半41分 リゴーニ(PK)、44分 カンビアッソ、46分 リゴーニ

ノヴァーラ:1 ウイカニ;15 デッラフィオーレ、24 パーチ、4 リスッツォ、3 ジェーミティ;17 ポルカーリ、23 ラドヴァノヴィッチ(後半19分、18 マリアニーニ)、10 リゴーニ;21 マッザラーニ(後半22分、27 ジェダ);11 森本、69 メッジョリーニ(後半17分、2 ジョルジ)
控え選手:31 フォンターナ、5 ルーディ、14 モルガネッラ、20 グラノチェ
監督:アッティリオ・テッセール

インテル:1 ジュリオ・セザル;6 ルシオ、23 ラノッキア、26 キヴ;4 サネッティ、19 カンビアッソ、10 スナイデル(後半22分、28 サラテ)、55 長友;30 カスタイニョス(後半1分、20 オビ)、22 ミリート、9 フォルラン(後半1分、7 パッツィーニ)
控え選手:12 カステッラッツィ、25 サムエル、29 コウチーニョ、42 ジョナタン
監督:ジャン・ピエロ・ガスペリーニ

主審:マウロ・ベルゴンヅィ(ジェノヴァ)
警告:前半28分 キヴ、後半15分 パッツィーニ、16分 デッラフィオーレ、17分 オビ、39分 ルシオ
退場:後半40分 ラノッキア
ロスタイム:前半1分、後半3分

広報部 


Versione Italiana  English Version 

Load More