グアリン:「勝利への意欲が決定的な力となった」

グアリン:「勝利への意欲が決定的な力となった」

「チーム全員が負けたくないという強い気持ちを持って戦った」

[ミラノ] 「ゲーム後半は、この試合に勝ちたいという意欲が決定的な力となったのです。僕だけではなく、みんなが負けたくないという強い気持ちを持って戦ったのです」。ヴァスルイ戦の後半から出場し、素晴らしいパフォーマンスを見せたフレディ・グアリンはインテルチャンネルの取材でこうコメントした。

ロスタイムでドローを意味する得点を決めたことについて聞かれたグアリンは、「僕は常に自分のベストを出すように努力します。途中出場の今夜もそうでした。ゴールですか?サッカーでは、ゴールはいつだって最高の感動を与えてくれるものです」と、喜びを語った。

広報部


English Version  Versione Italiana  Versión Española 

Load More