モラッティ:「ローマ戦での敗北は新生チームの経験になる」

モラッティ:「ローマ戦での敗北は新生チームの経験になる」

「これからが期待される若いチームなので昨夜のような敗戦があっても仕方ない。教訓にして向上を目指すべし」

[ミラノ] マッシモ・モラッティ会長は"サラス"社の外部で待機していた報道関係者の質問に答え、敗北で終わった昨夜のローマ戦についてコメントした。

会長の完全一問一答は下記の通り。

昨夜は何が機能しなかったのでしょうか?

「とても若いチームですし、何もかも新しくてこれからが期待されるチームなので、ああいうことがあっても仕方ありません。監督とクラブはこういった経験を財産として、向上を目指すべきです。結果としてはもちろんネガティブですが、今後に役に立つかも知れないものなのです」

1試合での敗戦で、インテルがこれまで見せてきたポジティブな面の価値が損なわれることはないですよね。

「それは確かに言えることです。個々の人材やチーム全体への期待は一切変わっていません。ただ、試合ごとに良さを実質的に発揮していかなくてはいけないのです。すぐに簡単にできることではないというのは承知していましたがね」

昨夜の試合でインテルが見せたトーンダウンは、木曜日にヨーロッパリーグ、日曜日にカンピオナートといった過密スケジュールの影響でもあると思われますか?

「私はそうであるのではないかと思っていますね。新しい要素のひとつとして、木曜日にヨーロッパリーグの試合があるというのがありますが、これはチームにとって厳しいことなのだと思います。十分なエネルギーで日曜日の試合に臨める方法を研究しないといけません。昨夜は経験になりましたが、木曜の激しい戦いが想像以上にエネルギーの消耗になっていたというのはあると思います」

ストラマッチョーニ監督は昨夜の問題はテクニカルなものより精神面での問題だったと発言していますが、会長はこれに賛成でしょうか?

「確かに、テクニカルというよりメンタルの問題だったと思いますね。つまり、2日前の激戦の疲れが抜けていないというストレスもあったのだと思います。あと、現チームのメンバーが一緒にプレーすることに馴染む必要もあることでしょう。監督が状況を見て、問題が出たところに手を打っていくことだと思います」

土曜日の試合でジャンパオロ・パッツィーニがハットトリックを決めたのは、おもしろくなかったのではないですか?

「そんなことはないですよ。もちろん、あっちのチームではなくてウチで決めてくれた方が良かったのは確かですがね……… 」

広報部



Versión Española  English Version  Versione Italiana 

Load More