コヴァチッチ:「子供のころからインテルに憧れていた」

コヴァチッチ:「子供のころからインテルに憧れていた」

マテオはインテルチャンネル初インタビューで「ここに長く残りたい」と述べた

[パヴィーア] “サン・マッテオ”総合病院でメディカルチェックを終えたマテオ・コヴァチッチは、インテルチャンネルのマイクを前にネラッズーリの一員として初インタビューに臨み、次のように述べた。

昨日の夜はディナモ・ザグレブの合宿でボスニアにいた君は、車で400キロ移動してから飛行機に飛び乗ってミラノへやって来た。インテル入りは夢の実現なのかな?

「はい、何もかも目まぐるしかったです。ディナモとの練習の真っ最中に、監督から『インテル移籍が決まった』と言われて。『本当ですか?』って聞きましたよ。僕にとって、インテルでプレーできるというのは夢が叶ったようなことです。うまく説明できないですね。インテルは偉大なクラブですし、ここにいることは本当に嬉しいです。ベストを尽くしたいと思います」

君にとって、インテルとは?

「子供のころ、インテルが数々のタイトルを手にするのを見ながら育ちました。僕にとって、インテルはとても重要な存在なのです。ヨーロッパとイタリアで最も有力なクラブのひとつです。こんなチームの一員であることは本当に素晴らしいことだし、ここに長く残りたいと思います」

最も気に入っているインテル選手は?

「ここはとても偉大な選手ばかりですからね。カッサーノとグアリンを特に尊敬しています。とにかく、僕はチームに貢献してリーグ優勝を果たせるようにしたいです」

ピッチでのお気に入りのポジションは?

「メディアーノ(セントラルMF)としてプレーするのが好きです」

インテリスタは君がやって来たことをとても喜んでいるけど、彼らに何を与えられると思うかい?

「まず、お礼を言いたいです。ファンが僕の入団を喜んでくれているという話は聞きました。感謝していますし、早く直に会いたいですね」

広報部


Versione Italiana  English Version 

Load More