インテルはクラブ創設105周年記念パッチを付けて試合に臨む

今夜のボローニャ戦で選手がユニフォームに付けているパッチは、インテル公式ショップで購入できる

『我がクラブは清々しいこの夜にちなんで黒と青、そして夜空に輝く星の金をチームカラーとする。クラブ名は“Internazionale”(インターナショナル)、なぜなら我々は世界の兄弟だからである』

ドゥオモ広場近くのレストランに集まり、1908年3月9日にインテルを創設した紳士たちは、まるで未来の発展を予想しているかのようなイメージを当時から持っていたのだった。国際的であり続けるという使命は受け継がれ、数々の栄光のタイトルを手にして、インテルは誰もがリスペクトする欧州サッカーの名門となったのだ。

今回、クラブ創設105周年を象徴する記念パッチが作られ、ネラッズーリはそれをユニフォームに付けて今夜のインテル対ボローニャ戦のピッチに上がる(“ジュゼッペ・メアッツァ”スタジアム、20:45キックオフ)。この記念パッチはミラノ中心区 Via Berchet,1 のインテル公式ショップ“SOLO INTER”、およびスタジアムと“アンジェロ・モラッティ”センターの支店で一般発売も行われる。なお、 store.inter.it でオンライン購入も可能。

広報部


English Version  Versione Italiana 

Load More