クズマノヴィッチ:「ボッタが倒されたのはPKとされるべきだった」

「監督の信頼を感じている。チームをリードするようにと言われているが、そうできるようにベストを尽くしている」

[ミラノ] ズドラフコ・クズマノヴィッチはキエーヴォ戦終了後、まずロスタイムにルベン・ボッタが相手エリアで倒された件についてコメントした。「あれはPKでしたね。ああいった場面でPKを貰えないのは今回が初めてではありません。長友のゴールにしても、あれが認められなかったのはおかしいです。ウディネでも疑惑の判定がありましたし、レフェリーはウチの試合でちょくちょくミスジャッジを犯すみたいですね」

「監督の信頼を感じているし、このシステムはやりやすいです。監督に言われた通りにやるように、ベストを尽くしましたよ。 チームをリードするように、と言われています。最後の方はちょっと疲れが出ましたね。シーズン序盤は出番を与えられなくても黙って耐えるように努力しました。チームは好調でしたしね。ともあれ、僕はいつだってチームのために貢献するために全力を尽くすつもりです」


English Version  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More