マッザーリ:「より強固な姿勢を持ち、より冷静にプレーするべき」

マッザーリ:「より強固な姿勢を持ち、より冷静にプレーするべき」

「試合の流れはチームのアプローチで変わるもの。もっと向上できると確信している」

[アッピアーノ・ジェンティーレ] “アンジェロ・モラッティ”センターのプレスコンファレンスルームでサンプドリア対インテル戦前日会見に臨んだヴァルテル・マッザーリ監督は、次のように話した。「監督というのは向上と成長を意識して、基本的なコンセプトに関するミスを常に修正することを心がけています。組織的なプレーとは関係ない個人ミスもありますが、その場合は選手本人と話すようにしています。今週は明日のサンプドリア戦に向けて、すべてのミスに対応するようにしました」

「結果が我々のパフォーマンスに値するものではなかったことが何回もありましたし、我々が凡ミスで状況を悪化させたことだってあります。しかし、全体的に見ればピッチではそれなりのパフォーマンスを見せています。チームのアプローチによって試合の流れが左右されるものなので、我々の姿勢をより強固なものにしていくことが重要です。私はもっと向上できることを確信していますよ。今シーズンはミスが多い特殊な試合が目立ちましたが、パフォーマンスの面ではこのインテルはすでに準備ができていると思います。もっと冷静にプレーするようにしないといけませんね」

「イカルディはサンプファンにブーイングされるだろうって? 彼は我々の下で成長していっています。明日みたいな状況では、闘争心を一層高めてプレーすることに集中するべき、それだけですね。コヴァチッチ? 彼が優れたタレントであることは間違いないです。まだとても若いというのはありますが、シーズンを通して指摘されてきたことを理解していると思います。シュートやラストパスで向上が見られたし、オンザボール/オフザボール両方の場面で良くなっています。来シーズンに向けても、彼はインテルの財産ですよ。ダンブロージオ? 将来に期待がかかる選手です。彼も成長しています」

マッザーリはイタリアサッカーの現状に関する質問にも答えた。「現時点でのイタリアサッカーは外国に比べて低調の時期を迎えているという事実を受け入れないといけません。トッププレーヤーを獲得することもできないわけですし、腕まくりして忍耐力を持ちながら努力していくしかないですね。そうしていくうちに競争力を取り戻せるのだと確信していますよ。私自身に関しては、努力だけに頼るということに不安はないです。むしろ、刺激に感じますね」

昨日、マッシモ・モラッティがアッピアーノを訪問してチームを激励したことについて聞かれたマッザーリは、こう述べた。「モラッティ名誉会長が来てくれたのは嬉しかったですよ。内容を公開するわけにはいきませんが、いつも通りにいろいろな話をしました」



Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  English Version 

Load More