インテルと“Infront”、2018年まで契約

インテルと“INFRONT”、2018年まで契約

スポンサー獲得/広告活動の最適化、コーポレート・ホスピタリティ部門の拡大化を目標とした重要なコラボレーションが誕生

[ミラノ] FCインテルナツィオナーレとスポーツマーケティング会社“Infront Sports & Media”は今日、欧州レベルでのスポンサー獲得へ向けた営業活動と“メアッツァ”のホームゲームでのコーポレート・ホスピタリティの管理に関する提携を結んだことを発表した。

2017ー18シーズン終了時点まで結ばれた契約により、コマーシャル活動の発展に対する共通のビジョンを基に、スポンサーシップ/広告活動の最適化、コーポレート・ホスピタリティ部門の拡大化を目標とした重要なコラボレーションが生まれたことになる。

報道陣とスポンサー代表者が集まった発表会見では、インテル会長のエリック・トヒルと“Infront Italy”のマルコ・ボガレッリ会長がパートナーシップの内容を説明する他、イタリア国内とヨーロッパレベルでインテルブランドを発展させるためのビジネスポリシー、および両社が進めていく活動について話した。

トヒル会長はこう述べた。「我々は今日、スポーツ/テレビ/メディア/広告に関する権利のマネージメントを専門とする会社の中で世界で最も有力な組織のひとつである“Infront”社と提携を結んだことを、こうやって公式発表できることを誇りに思っています。それぞれの分野で世界的なリーダーの地位に立つふたつの会社が歩みを共にすることになるのは自然な発展です。インテルと“Infront”はこれからの4年間、更なる成長に向けた共同の戦略を分かち合っていきます。目標はインテルブランドを商業の面でも国際トップレベルに持っていくことです」

一方、“Infront Italy”のマルコ・ボガレッリ会長は次のように話した。「インテルのような輝かしい栄光の歴史を誇る名門とパートナーシップを結べる運びとなったのは我々にとって非常に喜ばしいことです。このコラボレーションの結果として、インテルがクラブとして更なる価値を得て、その一新された世界でのイメージも一層レベルアップすることを確信しています。インテルと“Infront”はすでに息を合わせて活動を実施しており、数週間のうちに早くもいくつかの成功を発表できることと信じています」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana 

Load More