ピエロ・ヴォルピ:“インテルに戻ってきて興奮している”

ピエロ・ヴォルピ:“インテルに戻ってきて興奮している”

インテル筆頭最高医療スタッフ。“予期していなかったけれども、間違いなく戻ってこれてエキサイトしている。”

ピンツォーロ発-ピエロ・ヴォルピは以前1995年から2000年にかけてネッラ・アズーリのために従事していました。
FC Internazionaleの筆頭最高医療スタッフであるドクターヴォルピはインテルチャンネルのN・ベッカロッシのインタビューを受けました。

ヴォルピ医師、何年くらいたってからインテルに戻って来て少し感激していませんか?

“ええもちろんですよ。まず何より予期していませんでしたからね。1995年から2000年にかけて素晴らしい経験だった私のキャリアは違う道を歩むことになったのですから。私が先程から述べたように、これは予期していなかったことですし、とても素晴らしい出来事です。”

以前に比べて多くのことが変わりました。チームにあなたは何をしてきましたか?

“サッカーはここ10年で多くのことが変わってきました。そしてそれはずっと続いていくでしょう。ピッチ上で物事が発達するとともに、我々もスポーツ医療を発達させていきます。
その質問に答えるならば、私はこの素晴らしい時期にやってきたといえます。我々の仕事は挑戦することとそれぞれのチームとクラブともに様々なレベルにおいて上手くやりくりできるように働きかける事です。我々はベストを尽くすよう努力していきます。”

監督との関係はどれくらい重要ですか?特にシーズンを通して耐えられるかどうか、プレシーズンでの選手のコンディションについて適切に判断を伝える事ですが?

“私が思うにプロフェッショナルとしての考え方と能力が鍵となります。クラブの隅から隅までいたるところのレベルにおいてグループと上手くやり取りしていくという事です。”

W杯以降、(W杯参加)選手の疲労度について他の選手よりより注意する必要がある予想しています。

“多くの問題の一つとしてそれについて注意し、分析する必要があります。もう一方別の角度でその選手の疲労度についての知識を広め共有し、理解に務めることです。
これは変化している物事の一つです。過去にチームの95%がプレー可能だとしても残りのシーズンで上手く変化できなかったことがありました。
今ではより長い期間の移籍の窓口もあります。多くの選手がワールドカップまたはヨーロッパ・チャンピオンズリーグに遅くから参加しています。なのでヘッドコーチやトレーニングコーチに選手が良い状態でいるかについて体力レベルを評価することができます。これは選手たちがエネルギーを蓄えるシーズンの始まりにおいて絶対欠かせない事なのです。”


Versión Española  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version 

Load More