ガリー・メデル、公式にインテルの選手へ

ガリー・メデル、公式にインテルの選手へ

チリ人MF、カーディフFCより4年契約で正式にインテルの選手へ

ミラノ発‐FC Internazionaleは、ガリー・メデルが契約にサインしたことによりカーディフ・シティFCより正式に入団したことを発表する。チリ人MFはインテルと4年契約でサイン。すでにトップチームに合流しているメデルは、チェントロ・スポルティボ・アンジェロ・モラッティにて複数回トレーニングセッションに参加。いまやワルテル・マッツァーリ監督の指揮下にある。ここに新しくインテルに入団したメデルについて追加情報をお知らせする。

今年の夏のワールドカップでの活躍は彼がいまや”闘犬”のあだ名を持つことを聞いたことがあるだろう。ガリー・メデルの試合における活躍を見れば当然そう呼ばれるべきとみなすのは少々間違いであることに気づくだろう。なぜならば、ネッラズーリの新MFはファイティング・スピリットに満ち溢れている選手だからだ。彼はまた半径19メール内のパス成功率は90%を誇る優れた選手だ。

付け加えてスローインの優れた適応性、試合の流れの読み方、前に走り出す優れた能力そしてセットプレーにおけるディフェンスのカバー能力、我々が思う描く理想のMFの姿が彼にはある。そしてそれらの能力は闘犬のレッテルをはるかに凌ぐ能力の表れだ。

それではW杯ブラジルにおける彼の出場試合分析をしてみよう。対オーストラリア戦でのメデルは際立つ活躍を見せた選手であり、ピッチでのパス成功率は97%。対スペイン戦では一切のファールを取られることなく2つのタックルと3つのインターセプトに成功した。さらに言えば、その試合でのパス成功率は84%を誇った。世界王者チキ・タカとの戦いにおいて悪くない結果だ。

”ガリーはイタリア到着の時点で最高のフィジカルにある。彼はいまやチリではトップアイドルの一人。きっと皆は彼の事が好きになるだろう。インテルをチリで視る機会も増え、ファン達もどんどん応援する機会も増えてくるだろう。”そうイバン・サモラーノは語る。まさに彼の言うとおりだ。

メデルはプダウエルの通りでサッカーをし始めた。同じ年頃の子どもたちとプレーすることに満足していなかった彼は、彼がまだ8つの時、14歳の少年とプレーする事を好んだ。”年上の彼らはしきりに僕を打ちのめそうとあれやこれやと手を出してきた。けれども僕は彼らをドリブルでうまくかわし、ずっとボールを足元に置いていたよ。”とメデルが語る。

彼の両足はしっかりと地につけ、誇りに満ちている。今や彼はネッラズーリのメンバーの一人。


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

Load More