マッツァーリ監督「すでにカリアリ戦に目を向けている」

マッツァーリ監督「すでにカリアリ戦に目を向けている」

マッツァーリ監督はアタランタ戦を制し、勝ち点3を獲得したチームを称賛。しかし監督の目はすでに次の戦いへと向けられていた

ミラノ発‐インテルは手堅いパフォーマンスでこの試合を制し、ここ最近のネッラズーリの活躍の中でも心地良い成功をおさめた。24日の試合でアタランタに2-0の勝利を収めたのは彼らの努力の賜物。ネッラズーリが監督が本当にチームに求める決意を示した試合となった。

試合後の記者会見の中で監督は満足感を示しコメント「今日の試合で我々はよく戦った。試合内容も素晴らしく、しっかりとまとまっていた。我々は力強くスタートし、うまく相手のスペースの中に入り込んでいった。この試合内容でもし批判を口にする部分があれば、できるだけ早い段階で試合結果を決めてしまう流れを作ってほしかったということだろう。試合を勝ち進んでいきたいのであれば、しっかりとチャンスをつかみ取る方法を学ぶ必要がある。」

それから監督は選手個別の活躍について彼なりの視点で分析した内容を語った。まずはエルナネスから。ベンチスタートから今シーズン2得点目のゴールを入れる活躍。「今日彼が入れたゴールはきっと彼を成長させるものとしてよい影響を与えることだろう。彼は本当に素晴らしいプロ。うれしく思う。」

それから今日ゴールを入れたヒーローオスヴァルドについて話が移った。「彼にはずっと驚かされている。彼は素晴らしい選手でしかもしっかりと仕事をこなしている。そして彼はプロフェッショナルだ。彼がこれまでずっと続けて取り組んでいるトレーニングをそのまま続けていればきっと彼の能力はどんどん良くなっていくだろう。」

それからガリー・メデルについて。彼は今回のサンシーロでの試合で、ファンから何度も拍手が送られるプレーを示してきた。監督は彼のチームでの重要性について語る。「もしわれわれが攻撃的なMFとサイドバックとともに攻めに行きたい場面があれば、完璧な守りをこなすDFが必要になってくる。メデルは試合の流れを作り上げることが本当に得意な選手だ。」

「それからエムヴィラの活躍は本当に素晴らしいものであることを強調したい。ここ2年間は彼はずっとスランプ状態だったけれども、昔のような調子を取り戻してきた。」

監督はまた前半に負傷のため退場を余儀なくされたイカルディについて語る。「彼は激しいコンタクトを受けた。今回の結果は非常に残念だ。何が起こったかのかを彼から詳しく話を聞いてみなければいけない。」

最後にここまでの4試合でインテルが2勝2引き分けの結果、リーグ戦にて順位において良いポジションにいることについて。「順位表は見ない。すでに私はカリアリ戦に目を向けている。」

 


Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  Versione Italiana  English Version 

ALLENAMENTO INTER REAL AUDIO 21 11 2013

Load More