マッツァーリ監督「ファンには申し訳ない」

マッツァーリ監督はカリアリ戦での敗北後に一言「全ての非は自分にある」

ミラノ発-今回の試合はマッツァーリ監督によって非常に気分の悪いものとなった。「チームメンバーのローテーションで間違った決断をしてしまった。うまく力を発揮できなかった。それは近代サッカーにおいてやってはいけないことだった。今回の選択はけがを避けるためのものだった。パラシオのような選手を配置するにはまだ時間が必要だった。このように歯車がくるってしまうと、全ての要素が全部台無しになってしまう。」

「10人に減った経験あるチームはプレーも縮小し、相手になぎ倒されるのをただ待っているしかなくなってしまう。これは我々にとって教訓になるだろう。この試合について多くを語る必要はない。我々は再びスタートしなくてはいけないし、アタランタ戦で見せたような試合で10月2日のヨーロッパリーグ戦に向け強くなくてはならない。我々同様にこの結果に苦しむファンには申し訳ない。」

ヴィディッチのコンディションについて「彼を多く起用しすぎたことでミスを犯してしまったと思う。それは私の責任だ。ここまでの3試合で結果の出せなかった選手が大勢いる。(体力面でそれとも精神面の結果かどうかの質問について)肉体面と精神面の両方だ。今回の試合においてフィジカルコンディションがあまり良くはなかった。今夜のイバルボの3点目のゴールに注意を払って見るとよい。我々の選手2人は動きが鈍かったし、体を使っていなかった。」

「我々は今回の試合のほとんどを10人でプレーしてきた。後半は前半に比べ少しは上手くプレーできていた。(長友のレッドカードについての質問)4-1で負けていてはコメントは難しいが、でももし2つファールがなかったとすればきっと試合展開も変わっていただろう。もしかしたら2つのイエローのうち一つは避けられたはずだ。いずれにせよ次の戦いに目を向け、できるだけ早く前へ進んでいかなければならない。」


Versión Española  English Version  Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia 

Load More