マッツァーリ監督「我々はファンの声援のためにプレーしている」

マッツァーリ監督がホームでのエラス・ヴェローナ戦を前に記者会見に出席

アッピアーノ・ジェンティーレ発-マッツァーリ監督が8日午後インテルvエラス・ヴェローナ戦を前に記者会見に出席した。

監督は始めに明日対戦するエラス・ヴェローナについてコメント「ここ数年エラス・ヴェローナは良く戦ってきている。アンドレア・マンドルリーニ監督はエラス・ヴェローナの監督に就任して以来見事な仕事をしてきた。彼らはトレーニングが良く行き届いており、手際も良い。けれども私はチームがサンテティエンヌ戦の前半で見せたような活躍をするところを見てみたい。」

それから監督は若手を新たに起用するというクラブにとって今シーズンの新しい目標について説明「我々は何とかして若手選手に試合を経験させようと努めている。我々は時折4,5試合プレーさせている。我々の若手選手はクラブにとって未来であり貴重な財産だ。」

選手起用の問題についてコメント「まだ選手達に話を伝えなければいけないし、負傷者の問題も考慮に入れなければいけない。今のところ何も話すことができない。我々はサンテティエンヌ戦で試合をリードしているときでも誰でも問題は起こしかねないということを示してきた。」

マッツァーリ監督は特定の選手についての質問を受ける。まずはフォワードについて「ご存じのように我々全員にとっていかにパラシオが重要なのか理解している。彼が近いうちにゴールを量産してくれるだろうと願っている。ボナッツォーリは複数のポジションをプレーできる。しかし彼は前線に近いポジションの方がふさわしいと思う。」

そしてチームに幸運をもたらすドドについて質問が移る「我々はドドに対していつも高い期待を寄せている。彼は本当に調子良くスタートを切っているうえ、彼ならもっと上手くやれる。ジョナタンについて言えば、トレーニングで彼に会いたいと思っている。彼を起用するのは中々難しい状況だ。彼を起用する日が来るのを待ちきれない。」

ヴィディッチについて「彼は失敗をしてきた。けれども彼が調子を取り戻すのが難しいとは思わない。」

一方で監督は現在取り組んでいる仕事に目を向けている。今や起用可能な選手が少ない状況だ。

「私は会長や経営陣が言うことにはコメントしないつもりだ。監督として私から言えることは我々は上手く物事をスタートさせる必要があるということだ。観客が選手に手を差し伸べる瞬間があるとすれば今だ。私の仕事はいかに我々がプレーするかということに目を向けることだ。いかに我々がプレーするかによって結果が決まる。」

「私に判断を下すのは他人次第だが、我々はここで多くの仕事に取り組んでいる。選手を育成することはここインテルでは異なることだ。私は選手のためにできることなら何でもやってきている。私は彼らがいてくれることに満足している。」


Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More