イカルディ「終了間際に同点弾を入れられてしまった」

サンシーロで行われたエラス・ヴェローナ戦の試合後イカルディがコメント

ミラノ発-マウロ・イカルディがエラス・ヴェローナ戦の試合が終わってすぐSkySportItariaのインタビューに答えた。

彼は相手に終了間際良く点を許してしまったことに悔しさをにじませコメント「僕らは終了間際の2,3分前に試合が動いたためホームにたった勝ち点1だけ持ち帰ることになった。試合がドローに終わってしまったためホームには1ポイントが追加された。」

選手交代で控室に戻る時、同声をかけられたかの質問にコメント「上手くまとめあげられたあの動きの中では僕は何もすることができなかったと説明をした。ボールは僕らの手から離れ、得点を入れられてしまった。オビにクロスを出す前にぶつかってしまったせいもあり、監督は僕に大丈夫かと声をかけられた。」

ファンのブーイングについてコメント「理解できない。ホーム戦で僕らがプレーしていれば、皆が僕らのそばにいるべきだ。サンシーロは僕らのホームであるべきだ。」

 

 


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  English Version 

Load More