マッツァーリ監督「この流れが調子を取り戻してくれる」

インテルvエラス・ヴェローナ戦後マッツァーリ監督が記者会見

ミラノ発-ヴェローナ戦で10人となった、インテルは相手にリードを奪われることを余儀なくされ、マッツァーリ監督は落胆していた。

監督はコメントをこう始めた「我々は前半で非常に上手くやっていたと思った。我々は前半に最初のミスを犯してしまったが再び調子を取り戻し、何度もチャンスを作り出してきた。2-1で試合をリードしていた時、勝ち点3を獲得するまでに近づいた。しかし再びミスを犯しその代償を支払う羽目になってしまった。それが我々の今年の流れだ。」

「(ボールを長く持ちすぎて、相手陣地に深く侵入するのが十分でないとの質問)エラス・ヴェローナは非常に守備的でスペースを見つけることは簡単ではない。だから選手はボールを回している。相手の陣地に深く入るためのパスを出すことが難しい。」

「もちろん、今日の試合のように勝機を逃してしまった試合に落胆しているが、悪運だった事実を我々は受け入れないといけない。メデルについて言えば、2枚目のイエローは与えられて当然だろう、しかし1枚目のものはそうは思わない。」

イカルディを交代した理由について「彼を多く起用しすぎたと思ったからだ。私は延長時間を30秒間稼ぐために交替をしたかった。あれは誤解だ。いずれにせよ彼には問題はなかった。私のキャリアの中でもイカルディとの関係は最高の状態だ。」

エラス・ヴェローナが2点目を追加した瞬間は落胆したのかとの質問「我々はかつては対戦相手を抑えてきた。我々は疲れていた。あのゴールは彼らを抑 え込むことをなくして避けられたのかもしれない。フアン・ジェズスについて言えば、彼はここ最近ずっと毎試合プレーし続けている選手の一人だ。疲れを感じ ているとき頭を常にクリアーに保つことなどできないはずだ。それがゴールを決められた瞬間に起こった。」

今週流れたクラブの新しい プロジェクトのニュースについて「聞いたところでは3カ年計画のようだ。昔勝つことが当たり前だったならば、インテルファンであれば勝つことは当然だと思 うだろう。戦うためにその計画をスタートすれば少し厳しいのかもしれない。しかし選手達は戦い、チームとして仕事に一生懸命取り組んでいるうえ、彼らはど ん欲だ。国際大会の休みの後にできる唯一の方法は再び何人かの選手を我々のチームに戻すことだ。」


Versione Italiana  Versión Española  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

LE PAROLE DI MAZZARRI POST INTER - H. VERONA

Load More