マンチーニ監督「インテルのようなクラブは世界中でも稀な存在」

マンチーニ監督「インテルのようなクラブは世界中でも稀な存在」

明日行われるジェノア戦を前にマンチーニ監督が記者会見に挑んだ。「ジェノアはスピードもありスキルのあるチームだ。明日の試合は厳しい戦いになるだろう。改善に向けて我々は仕事に取り組まねばならない。」

アッピアーノ・ジェンティーレ発-明日ここなわれるジェノア戦でインテルは2015年で初めてのホーム戦を迎えることになる。ユヴェントス・スタジアムでの戦いを終え多忙を極めた1週間を終えた後、新たに2人の選手を迎え入れ、一方で出場停止措置により選手を失うことになった。

マンチーニ監督が明日11日日本時間20:30キックオフ予定のジェノア戦を控え記者会見を行い様々なトピックについてコメントした。

まず初めに「チームとして改善し続けること、集中を続けながらうまくプレーすること、できるだけミスを最小限に抑えることが我々の目標だ。」

マンチーニ監督は負けていないのにもかかわらず、出場停止を受けた選手を抱えたまま試合を戦うことについてコメント「誰であれ私が選んだ選手であればうまくプレーするだろうし、チームにふさわしいポジションに選手が投入されればアピールするチャンスを得られることになる。」

明日の対戦相手ジェノアについてコメント「ジェノアは難しい相手だ。なぜならば彼らはスピードとスキルのあるチームだからだ。まったくもって明日の試合は簡単ではないだろうし、我々は彼らを打ち倒すためにより良いパフォーマンスでプレーしていく必要がある。」

明日11日の試合でシャキリが出場する機会があるのかとの質問に対して「彼は12月19日以来試合に出場をしていない。なので彼は準備ができていないと思う。我々は彼がけがを負うリスクを負いたいとは思わない。」

「ヴィディッチは100%のコンディションではない。彼はこの1か月間プレーしていないからだ。しかし彼は経験豊富な選手であり、どのように自分をコントロールするかを正確にわかっている選手だ。」

「(オスヴァルドとイカルディにて)過去のことを私は蒸し返したくはない。」

「パラシオは我々にとって重要な選手だ。彼は日を追うごとに良くはなってきている。でも、彼の足首の状態が彼の足を引っ張っているようだ。」

バロンドールの受賞者が近々発表される予定。誰がその栄光を手にするかについて監督がコメント「私はノイアーがそれに値する選手だと思う。なぜならば彼はもはやゴールキーパー以上の存在の選手だからだ。」

監督はなぜ時々選手たちに試合中ノートを渡しているのかとの質問を受けそれに答えた。「イングランド時代やイスタンブール時代に相手に理解させることがいかに難しかったことか。紙を渡したほうがよっぽど簡単だ。」

今や移籍市場が活況を帯びている状態。マンチーニ監督は今後のクラブの動向について様々な質問に答える「誰を獲得するのかを話し合うために時間はたくさんある。今我々は明日の試合に向けて集中しているところだ。なぜならば我々にはプレーすべき大切な試合があるからだ。クラブができる限りすべてのことを取り仕切っているし、我々はポドルスキとシャキリを得た。我々はほかに何ができるのか様子を見ていくつもりだ。」

「(どうやってポドルスキとシャキリを説得したのかとの質問について)私は彼らと向き合い、インテルのようなクラブはほかにはないと彼らに伝えた。彼らは再び成功を我々にもたらす手助けができるということを信じている。」

将来契約する可能性のある選手についてコメント「マリオ・スアレス?彼は素晴らしいMFの選手だ。」

「(攻撃と守備において何かが起こり得るのか?との質問に)前線は今の我々で十分だ。なぜならば我々にはボナッツォーリやプスカスがいる。シャキリなら2番手のストライカーとして起用できると考えている。」

「バックスではフアン・ジェズスが4試合出場停止は問題になりうる。何か問題がおこったとき我々は様子を見ていくと思う。」

 


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española 

Load More