グッドラック、デヤン・スタンコヴィッチ!

グッドラック、デヤン・スタンコヴィッチ!

クラブマネジャーとして1年を過ごした後、デヤン・スタンコヴィッチが新たな挑戦に向かうためネラッズーリに別れを告げた。

ミラノ発 - 青と黒のユニフォームを着て多くの感動をもたらした彼が、クラブを去ることが決まった。

デヤン・スタンコヴィッチは10年間をインテルで過ごした。世界のサッカー界で重要なページを記している。スクデット5回、コッパ・イタリア4回、スーペルコッパ・イタリアーナ4回、チャンピオンズリーグ1回、クラブ・ワールドカップ1回という伝説的な輝かしい時間をともにしたのだ。

選手として326試合に出場した後、デキはインテルに戻り、クラブマネジャーとしてピッチの外からチームを見守った。元ネラッズーロMFは、プロとしてのキャリアを続けていく。それでもネラッズーロとの絆が切れることはない。「自分の力をクラブのために発揮できて幸せだ。ディレクターとしてもね。インテルは私の家であり、これからの新しい挑戦に向けての素晴らしい経験になることは確かだ。今、我々の道は分かれるが、いつも私が言ってきたとおり、ネラッズーリは永遠に私の心に刻まれている」とスタンコヴィッチは語った。

ありがとう、デキ。そしてグッドラック!


Versione Italiana  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia 

Load More