イカルディ「インテルで勝ちたい」

カピターノがシーズンを振り返った。

アッピアーノ・ジェンティーレ発 - Inter Channelのシーズン・レビューで、マウロ・イカルディが語った。「変化のシーズンだった。7月のメルカートから大きな変化があり、新しい選手がたくさんきたね。進歩するために多くの新戦力がきて、僕たちはベストを尽くす義務があった。前半戦はとてもよかったね。12月までトップだった。それからネガティブな時期がきたんだ」。

「多くの人は、これが適応の一年になると感じていた。僕たちはとにかくうまくやったね。それからピッチの上で何が起きたかを分析しなければいけない」。

カピターノは不動のレギュラーだった。先発回数はチームで4番目である。「常に良い練習をしなければいけない。チームを助けるのは好きだ。ここにきたときの僕は、もう少し違うタイプの選手だった。今はゴールを決めるだけじゃなく、仲間を助けることも考える。監督に何度も言われるね。チームを助けたら、ゴールはそのご褒美だ」。

「何度かベンチになったこともある。最初は自分への怒りもあった。ローマ戦みたいな試合でピッチに立てないことにね。そらから僕たちは勝ち、みんなでロッカールームで盛り上がったんだ。最終的には素晴らしい夜だった。選択は監督がすることで、それは戦術面を含めて、一週間の練習で決めていく。問題はないよ。僕についての話題ではいつも問題があるみたいになるから残念だね」。

インテルでの50ゴール目は、100試合目でやってきた。「もちろん、ほかの選手との比較は考えていない。でも、100試合で50ゴールは、僕の年齢からすると大きなことだね。このリストに入ることができてうれしいよ。シーズンのベストゴール? あまりないけど、アタッカーとしてフロジノーネ戦のものを選ぶ。ナポリ戦のゴールも良かった。右足でコントロールして、左足で決めたやつだ。アクロバットで良いゴールだったね」。

次のシーズンについても語った。「素晴らしいシーズンにしたい。今シーズンの前半戦でやったことを最後まで続けられたら良いね。ここで勝ちたいんだ。このチームでね。できるだけ上へ行きたい。本来の位置にね」。


Versione Italiana  Versi Bahasa Indonesia  English Version  Versión Española 

Load More