ダニエレ・アダーニ:スタイルと共にミラノからエンポリへ

ダニエレ・アダーニ:スタイルと共にミラノからエンポリへ

 すべてのフットボーラーの後ろには支えてくれる人がいる。レレは威厳、リスペクト、スタイルをインテル在籍時に示してくれた。

 ミラノ発 – すべてのフットボーラーには支えてくれる人がいる。ダニエレ・アダーニの心温かい性格は彼を特別の人物に形成した。彼のチームメイト、彼と仕事をした全ての人間、彼と一度でも関わった人は彼を素晴らしい人物だと話す。

 ハビエル・サネッティとイヴァン・ラミーロ・コルドバも同様に彼のことを語るだろう。彼らはエクトル・クーペルがインテル監督を務めた当時、友情を構築していった。両氏はその時のインテルで、大事な瞬間が度々あり、数年後のロベルト・マンチーニとジョゼ・モウリーニョが成し遂げた栄光の基盤となったことを強調した。アダーニはその当時のインテルで重要なメンバーであった。

 そこは近い未来、インテルが多くの栄光を獲得する始まりの場所であった。数年間、ピッチ上で歓喜と悔しさを味わっていたネラッズーリだったが、インテルの青と黒のユニフォームを着るということは常に誇りであり、大きな威厳でもあった。なぜならば、インテルの歴史は多くの素晴らしい選手によって作られ、チームの偉大さはトロフィーだけでは計ることは不可能である。

 フィオレンティーナで活躍していたレレは当時インテル監督を務めていたクーペルの目に留まり、キャリア最高潮の28歳でインテルへ加入した。だが、インテルの1年目に彼は椎間板ヘルニアに苦しみ、試合出場の機会が限定されてしまった。それでも、彼は常にチームメイト、監督に感謝の言葉を口にしていた。「ビッククラブに相応しい選手かという論争や、ビッククラブでプレーする重圧に対処することを学んだ。一方で、インテルのスタイルと威厳は保っていた」

 2002-03セリエA、インテルはリーグ戦2位でシーズンを終えたが、翌シーズンのスタートダッシュに失敗する。アルベルト・ザッケローニがインテル監督に就任してから、アダーニが初めてインテルの3バックに起用された。この新しいチャンレンジは彼に多大なる情熱を与えた。なぜなら、モデーナでキャリアをスタートしたレレは、美しいゲームを披露することにとても情熱を注いでいたからだ。彼がTVコメンテーターとして自身の分析を語っていることが、その証拠である。

 試合に対する彼の献身性はレベルが違った。彼は多くの試合(トップリーグ以外も)を何時間もかけて勉強した後、4種類のペンを使って多くの情報を慎重に書き取り、ノートの枚数を重ねていた。これは、最高レベルのプロ意識である。

 すべてはレッジオ・エミーリア近くのリオにあるサン・マルティーノの道から始まった。ここがレレのサッカーのルーツである。子供の頃、何時間も友達らとストリート・サッカーに明け暮れ、多くのことを学んだレレは当時、将来インテルとイタリア代表でプレーすることは想像もしていなかったであろう。

 ザッケローニがインテル監督を務めたシーズンは4位で終わった。シーズン終盤、エンポリ戦で重要な勝利を収め、チャンピオンズリーグ・プレーオフの出場権を獲得した。そして、アダーニはキュリア最後の年にエンポリでプレーすることになる。

 エンポリに加入したアダーニは、同チームの新記録達成に貢献した(エンポリ史上セリエA最高順位、初のヨーロッパリーグ出場権獲得)。彼はエンポリで経験豊富なベテラン選手として活躍し、チーム若手選手の尊敬を集めた。当時、彼はすでにセカンドキャリアの準備をしていた。以前からやっていた、試合分析である。

 彼のオープンマインドと共にレレは想像し、作り上げ、インスパイアしている。少し気になることは、言葉の間に少し間をもたせ、意味が深く、賢明な分析が必要なコミュニケーションの世界で、彼が非常に成功していることだ。

 サッカーは情熱であり、暴動を起こす原因にもなる南アメリカ大陸が彼の精神的なホームである。レレのナンバー1アイドルは、20世紀最高のボクサーであるモハメド・アリだ。

 「他に方法がある。それは正義だ」モハメド・アリが残したこのフレーズは、ダニエレ・アダーニの心に突き刺さった。

 彼にとってインテルでプレーしたことは名誉なことだった。同様に、インテルにとっても彼が青と黒のユニフォームに袖を通したことは名誉なことである。彼は、インテルでは一度もトロフィーを掲げることはなかったが、インテルの威厳、リスペクト、スタイルを存分に示してくれた。このすべてのことは、インテルファンの記憶に刻まれている。なぜなら、これはスクデット、トロフィーよりも価値があることだからだ。


中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More