インテル 7-1 アタランタ戦の統計データ

インテル 7-1 アタランタ戦の統計データ

 インテルは1964年以来初となる前半のみで5ゴールを奪い、イカルディがインテルに加入してから2度目のハットトリックを達成。

 ミラノ発 - Opta社の協力の下、12日(日)午後にサン・シーロで行われたアタランタ戦(7-1)のスタッツを紹介する。

 - マウロ・イカルディは今季リーグ戦28ゴールに絡む活躍をしている(20ゴール、8アシスト)。これは現在リーグ最多。

 - イカルディは今シーズン7試合で2ゴール以上を奪っている(6度の1試合2ゴール、1度のハットトリック)。この記録はヨーロッパ5大リーグで最高の数字。

 - イカルディはパーフェクト・ハットトリックを達成(右足、左足、ヘディング)。カルロス・バッカ(トリノ戦)のみが今季セリエAで成し遂げていた。

 - イカルディはセリエAで2度目のハットトリック(最初のハットトリックは、2014年9月のサッスオーロ戦)。

 - インテルは1964年3月(サンプドリア戦)以来初となる、1試合(セリエA)の前半で5ゴールを奪った。

 - レモ・フロイラーは今季リーグ戦3ゴール全てをアウェイで奪っている。

 - アタランタは1990年3月のインテル戦(7-2)以来初となるセリエAの試合で7失点を許した。

 - インテルは2014年9月のサッスオーロ戦(ホーム)以来、セリエAの試合で7ゴールを奪っていなかった。

 - エベル・バネガはキャリア初のハットトリックを達成。

 - インテルの2選手が同時にセリエA1試合でハットトリックを記録したのは、1933年9月のカサーレ戦以来初となる(メアッツァ、デマリア)。

 - アタランタにとって1972年10月のACミラン(9-3)の大敗以降、12日(日)の敗戦は最も点差が開いた試合となった。

 - インテルは枠内シュート8本で7ゴールを決めた。


Versione Italiana  中文版  English Version  Versi Bahasa Indonesia 

Load More