パシナート「良い印象を残したと思う」

パシナート「良い印象を残したと思う」

 Memorabiliaにゲスト出演した1979-1980シーズンのセリエAの王者は「我々は非常に若いチームでタイトルを獲得した。私は多くのゴールを決めなかったが、チームのために道を開いてきた」とコメントした。

 アッピアーノ・ジェンティーレ発- ジャンカルロ・パシナートは、今週のMemorabiliaにゲスト出演した。右サイドのウィンガーであった彼は1978年にインテルに加入している。

 「この時代は、中学校の後に働く時代だったんだ」と彼は説明した。「私は2年間働き、仕事後にフットボーラーとして活動していたんだ。トレヴィーゾと契約を交わし、私は初めて仕事を辞め、フルタイムのフットボーラーになった」

 「その後アスコリに移籍し、セリエB優勝を経験した」

 彼がインテルに移籍すると、人々は「我々はベッカロッシとパシナートでリーグ優勝を獲得するぞ」と語り始めた。それはすぐには起こらなかったが、パシナートにとってインテル2年目の1979-1980シーズンに、インテルはセリエAを制したのだ。

 「セリエAを制したとき、私はまだ24歳だった。オリアリ、ボルドン、そしてマリーニ以外は若手の選手ばかりだったね。おそらく、チームを一致団結させ、チームを成功に導く真のワールドクラスの選手と一緒に成し遂げられたものだったかもしれないね」

 「私は、サイドの多くのポジションでプレーすることができた。私自身は多くのゴール決めなかったが、いくつかのゴールをアシストしてきた。ディフェンスをすることは好きではなかったが、良い印象を残すことができたと思う。常に全力を尽くしてきたからね」

 彼はインテルでリーグ制覇、コッパ・イタリア優勝を果たした後、ローンでACミランに加入。チームのセリエB優勝に貢献している。

 「私は常にプロフェッショナルだった。ミランで過ごした1年後、私はインテルに復帰し2年間プレーした。その後アスコリに戻ることになったんだ」

 「その頃ベルゴミ、ゼンガ、フェッリはトップチームに昇格し、その後のインテルの成功を支えてきたんだ」

 

 

 

 


Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版  English Version 

Load More