ピオリが"完勝"した試合に喜びを見せる

ピオリが"完勝"した試合に喜びを見せる

 カリアリ戦後、ピオリ監督が今日の試合を振り返った。「すぐに勝利を手にしたかった。3位獲得は簡単ではないが、我々はインテルだ」

 カリアリ発 - 5-1でアウェイ戦に勝利したら、どのチームの監督でも喜ばしいことだ。それはステファノ・ピオリも同じである。

 スタディオ・サントエリーアでの午後、カリアリ戦を終えたインテル指揮官は、「すぐに勝利を収めることが重要だった。前節のミスから我々は学んだことを証明した。多くのチャンスを作ったし、枠内シュートは20本以上だ。相手チームに何度か決定機を与えたかもしれないが、我々がこの試合の勝利に値するプレーをしたと思う。そして、チームの姿勢は間違いなく正しかった」

 「この勝利は重要なメッセージだ。だが、我々はこの調子を継続し、改善していく必要があることは分かっているがね。なぜなら、来週はアタランタ戦だからさらに難しい試合となるだろう」

 「我々のレベルを上げること、成長するために多くことをやっていくこと、勝利へのメンタリティーを大きくすること、これらはチームに必要だと全員が認知している。これを頭に入れながら、頑張っている。そして、すべてのゴシップを忘れさせた今日の試合結果は非常に大きな意味を持つ」

 「試合でさらに良い試合をする為に、チームは長所と短所の部分の改善に取り組んでいる。我々はこの勝利の瞬間を取り戻した。今シーズン終了まで今日のパフォーマンスを継続していきたい。なぜなら、我々はインテルだからね。簡単なことではないが、今後の試合で可能な限り多くの試合に勝利する努力は怠らない。毎試合、我々にとって重要なんだ」

 「私の将来の噂だって? このチームのことはとても熟知している。批判は私にとって意味のないことだ。理由は、純粋に全力でインテルの為に働いているからだ。私は常にクラブとシニアマネージメントのサポートを受けている。我々は未来の為に、今何か構築している。だが、現在のこともしっかり集中しなければならない。なぜなら、今シーズンは結果を残しながら最高の順位で終わりたいからだ」

 「我々のクオリティーに目を向けると(今日の試合)、3ゴールを奪ってから一層チームのプレー改善できたと思う。他のチームとの試合で、あまり自分勝手なプレーは出来ない。だから、ここから今話した部分の改善に取り組む。チームは自信を持ち、正しい方法で前に進んでいる。私はインテリジェントで、才能豊かな選手がいるチームの指揮官を務めている。そして、この仕事が出来て非常に喜んでいるんだ」

 最後にピオリ監督はアルゼンチン選手のエベル・バネガのパフォーマンスを称賛し、インテルにとってベストなフォーメーションの質問に答えた。

 「バネガがこの試合を決めたか? 彼は素晴らしい能力を持っている。彼は相手ラインの間を動くことができ、相手にとって脅威のパスを作り出す。今日、バネガは素晴らしい活躍をしたよ」

 「結果的に、今日の4バックで試合に臨んだチームは以前より良いプレーをした。我々は固定した戦い方はしない。私がインテル監督に就任してから、チームは2つのフォーメーションを使った。その2つに我々は適応していると思っている。我々は毎試合、最高のフォーメーションを採用するんだ。どのようなフォーメーションを採用するかより、どのような戦い方をする方が非常に重要だ」

 「今日、ガビゴルを試合に起用しなかった。3人目の交代枠で攻撃陣の交代をしたかったが、アンサルディとダンブロージオが疲労の色を見せていたから長友をピッチに送り込なければいけなかった」


Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española  中文版  English Version 

Load More