アンニバレ・フロッシ、眼鏡をかけたウィンガー

アンニバレ・フロッシ、眼鏡をかけたウィンガー

 母の前でサッカーへの情熱を隠していた時代から、イタリア代表でオリンピック、インテルで2度のリーグ優勝を成し遂げるまで。

 ミラノ発 – ウディーネ近郊のフランブロという小さな町で、Dr. チェーザレ・ジュゼッペ・フロッシの未亡人ロジーナ・コンチーナは彼女の息子に関するいくつかの気がかりな知らせを耳にした。若きサッカー選手である息子が、ウディネーゼからパドヴァに移籍したというのだ。しかし1931年当時、息子アンニバレ・フロッシはまだ学生だったため、ロジーナはカラビニエリ(国家憲兵)を呼び、息子をウディーネに戻すように頼んだ。当局によってウディーネに連れ戻されたフロッシは母と話し合い、その結果サッカーを続けることができるようになったが、代わりに学業を断念することになった。

 近視のために試合中もかけていた眼鏡により、フロッシの名は知られるようになった。若きウィング自身も「僕の眼鏡は幸運を引き寄せるんだ。それにたぶん、僕が少し人気が出たのもこの眼鏡のおかげだね」と語った。

 スピードと素晴らしいクロスを持ち合わせたフロッシのアイドルはジュゼッペ・メアッツァであり、フロッシはいつの日かメアッツァと共にインテルでプレーすることを夢見ていた。

 その夢は、フロッシが25歳の時に実現する。インテルとの契約にサインをしたフロッシは、ルッカで行われた親善試合でネラッズーリとして初出場を果たした。後にフロッシは、「自分がメアッツァやデマリア、フェラリスと一緒にプレーしていると自覚した時、僕がどのように感じたかはとても言葉では表せない。ピッチに入った時、僕の心臓は高鳴っており、足の感覚もほとんどなかった」とこの試合を振り返った。

 ヴィットーリオ・ポッツォもフロッシを評価しており、1936年のベルリン・オリンピックでは彼をイタリア代表の主将に指名した。フロッシはオリンピック4試合で7ゴールを挙げる活躍を見せ、イタリアを同国初(そして唯一)の五輪金メダル獲得に導いた。

 フロッシはネラッズーリとして2回のリーグ優勝(1937-38、1939-40シーズン)と1回のコッパ・イタリア優勝(1938-39シーズン)を果たし、インテルの歴史にその名を刻んだ。

 1999年2月26日のミラノ、何十年も前にインテルの歴史を作ったこの町で、アンニバレ・フロッシは肺炎のためこの世を去った。


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  中文版 

Load More